ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

どうみても「宇宙人の襲撃」だ... 沖縄の公園の空を泳ぐ「巨大タコ」がUMAすぎる

大久保 歩

大久保 歩

2021.04.29 20:00
「友だちが『タコの凧揚げ』をした写真を見せてくれたけど、どう見ても」......。

そんな投稿が、ツイッターで話題だ。

これは、ツイッターユーザーの「むら」さん(@nasan0321)が2021年4月26日に投稿したもの。「友だちが『タコの凧揚げ』をした写真を見せてくれた」とのことだが、宇宙人なのかなんなのか、謎の生き物が空へ浮かんだり地上で人間を追いかけたりしているように見える。

「どう見ても未確認生物に襲われてる瞬間」と投稿されているが......?

Jタウンネット記者は27日、投稿者のむらさんに連絡をとり、凧揚げをしたという友だち本人(以下、「Aさん」。仮名)に詳細を聞いた。

彼氏と2人、沖縄の公園で...

映画のワンシーン?(写真はむらさん提供)

そもそも凧揚げといえばお正月にやるイメージだけど、なぜこの時期に?

そう尋ねると、Aさんは

「写真を撮った時期は1月中旬頃です」

と、教えてくれた。

1月中旬に、彼氏と2人で沖縄の公園で揚げたそうだ。青春......。

さらに、

「凧揚げが好きなので、常に車に載せていつでも揚げられるように持ち歩いてます」

とのこと。Aさんにとって凧揚げは、正月に限らずオールシーズンに楽しめる趣味のようだ。

逃げてーーー!!(写真はむらさん提供)

そんな凧揚げを愛するAさんが今回挑んだのは、なんと全長7メートルの超巨大ダコ(Amazonで購入)。黒いボディと、8本の足に点々と見える赤い模様がかなり不気味だ。

この見た目で、7メートル......想像するだけでホラーである。「タコ」の形をした凧なら他にもありそうなものだが、いったいなぜこんな強敵を選んだのだろうか。

「最初はトイストーリーの柄の凧を揚げていましたが、彼氏がこの凧を揚げるのは照れるとのことで、新しい凧を探すことにしました。
また普通に店舗にあるような凧だと満足できなくなったので、変わった凧揚げをしたいと思い大きなタコの凧を選びました」(Aさん)

凧揚げを心から愛するAさん。普通の凧では満足できないのも頷ける。また、写真には映っていないがクジラ型の凧も購入して揚げたそう。

「ディメンターを思い出しました」

青空を飛行する巨大ダコ(写真はむらさん提供)

それにしても、7メートルの凧を揚げると言うのはどんな感じなのだろう。実は凧揚げの経験がない記者だが、一筋縄ではいかないだろうことはわかる。

そこで、Aさんにコツを教えてもらった。

「風が強い日を選んで揚げました。2人で頑張ってダッシュするのがコツです。笑
揚がったときはあまりにも大きくて恐ろしかったです。ハリーポッターのディメンターを思い出しました。
また、うまく凧が揚がるとかなり強く引っ張られてしまい、かなり力を使いました。片付けるときになかなか凧を降ろせず、成人男性が全体重かけて引っ張ってやっと落とせました」

ここで「ハリー・ポッター」に登場する「ディメンター」の画像を載せられないのがもどかしい。全身をマントのようなものに覆われた、人間の魂を奪う恐ろしい闇の生き物である。

なお、Aさんはむらさんに「手が切れそうになるくらい引っ張る力がいるから、男手があるときがいいかもしれん」と、アドバイスしている。

7メートルの巨大ダコを揚げてみようと思う人は、参考にしてほしい。

PAGETOP