ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

これを求めてた...! 「カロリーメイト鞄の中でボロボロ問題」を完全解決するケースが爆誕

福田 週人

福田 週人

2021.04.17 20:00

愛好家が本当に求めていたもの

話題になっているのは、ツイッターユーザーのかにあじ(@kani_aji_)さんが2021年4月12日に投稿した画像。Jタウンネット記者は14日、投稿主のかにあじさんに詳しい話を聞いた。

普段は会社員として働き、プライベートでは趣味でイラストを描いたり、ものづくり等をよくしているというかにあじさん。今回のカロリーメイトのケースは数か月前から作成をしていたものだという。

「ホームセンターで購入した木材を100均の工具で加工して組み立てています。文字だけレーザー彫刻で刻印しています。『リオグランデ・パリサンダー』という堅い木材を利用しているため、加工にはとても時間がかかりました。手での加工はとても疲れてしまうので、少しずつ作業した結果ようやく完成という感じです(笑)」

構想、デザインから含めると実作業時間は30時間ぐらいとのこと。撮影は投稿日時の直前に自宅デスクで、お気に入りの一眼レフを使って行ったそうだ。

「非常食用にカロリーメイトを持ち運ぶ習慣がありましたが、バッグの中ですぐ粉々になってしまうのが悩みでした。賞味期限が切れるまでどうやったらブロック状を保てるのか...って考えたときに、堅牢なケースを作ってみようという考えに至りました」(かにあじさん)

制作にあたって、こだわった点や苦労した点はなんだったのか。記者が訊いてみると、かにあじさんは、

「やはり堅い木材だったので、手作業での加工がとても大変でした。また、きれいな木目と艶を出すために表面をしっかりとサンドペーパーで磨き、最後は蜜蝋ワックスを刷り込んで仕上げています。また、角を丸めてやさしい手触りにしているのもこだわりのポイントです」

と述べた。細部の設計や見た目にまで気を配った、まさにこだわりの一品だ。

カバンからこれが出てきたらかなりオシャレだ
カバンからこれが出てきたらかなりオシャレだ

完成したケースについて、かにあじさんは、

「最近は家にいる時間も多かったため、じっくり時間をかけてものづくりができるよい機会だったと思います。木製ですので、木のぬくもりを感じられる触り心地はもちろんのこと、機能面についてもカロリーメイトが賞味切れまでまったく崩れないようになりました」

と、改めて感想を述べた。

また、ツイッターでの反響については、

「やっぱり同じ悩み(カロリーメイトが粉々になる)を抱えてる人って結構いるんだなあと感じました。
その中でも特に印象に残ったコメントとして『カロリーメイトが好きな母に作ってプレゼントしたい』というものがありました。ものづくりは作るのも楽しいですし、贈り物として送るのも格別の喜びがあります!ぜひ皆様にも自分だけの『カロメケース』を作っていただきたいなと思っています」

とコメント。おうち時間を持て余しているカロリーメイト好きの皆さんは、この機会にひとつ自作してみるのも良いかもしれない。

PAGETOP