ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

この量はリアルに溺れそう... 和歌山で発見された「人をダメにする梅酒」がこちら

笹木 萌

笹木 萌

2020.06.26 11:00

梅酒400リットル、梅300キロ

いったいなぜこのような巨大梅酒タンクが誕生したのか。Jタウンネットは25日、とれとれ市場の広報担当者、崎山雅央さんに詳しい話を聞いた。

梅酒タンクは2016年に「カフェ とれとれ」の店内に設置。崎山さんはその背景について、

「パフォーマンスを兼ねた販売が目的です。梅酒を飲んでいただきたいということで設置しました」

と説明する。

タンクの大きさは700リットル。梅酒400リットル、梅300キロが中に入っており、消費の具合を見ながら適宜継ぎ足しているとのこと。1年の販売量はタンク1つ分の約400リットルだ。

中の梅酒を製造しているのは、梅酒・梅干しの製造・販売を行う中田食品(本社・和歌山県田辺市)。完熟南高梅、醸造アルコール、糖類を原料とし、毎年6~7月に漬けている。

設置から4年ほど経っているが、梅酒タンクに対するお客さんの反応はどうか。崎山さんに聞いてみると、

「(梅酒タンクを見て)みなさん驚いていただいています。(新型コロナウイルス感染拡大前は)国内外を問わず、お客様が記念撮影をされていました」

とのこと。やはり人気スポットのようだ。

飲み方はロックもしくはソーダ割で税込510円。カフェの人に声をかけると購入できる。

崎山さんは梅酒タンクがツイッターで話題になったことについて、

「注目していただけることをありがたく思っています。面白いと感じていただけたならよかったと思います」

とコメントしている。

PAGETOP