ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

関東人は知らない? 広島県民が愛する謎のふりかけ「旅行の友」とは

笹木 萌

笹木 萌

2020.02.12 06:00

「中国・四国・九州のウェイトが高い」

田中食品(広島市)が製造・販売を手掛ける旅行の友は、広島市によって「ザ・広島ブランド」に認定されている。

公式サイトによると、「旅行の友」という名前は「旅のお供になるように」という願いと、創業者である田中保太郎さんの妻・トモさんの名前から付けられているのことだ。

大袋タイプも(画像は田中食品公式オンラインショップより)
大袋タイプも(画像は田中食品公式オンラインショップより)

田中食品の担当者によれば、旅行の友は「持ち運びが良く日持ちする保存食を作って欲しい」という軍からの要望を受け、1916年に発売。小魚を主原料にし、一般的なふりかけよりも多くのカルシウム(100グラム中1600ミリグラム)が含まれているという。

現在は47都道府県で販売。しかし置かれている店舗は関西以西が多いといい、担当者は、

「(導入率は)やはり中国・四国・九州のウェイトが高いです。はっきりとした記録はございませんが、昔は漬物とふりかけを業者間で物々交換していたそうですので、発売から時間を置かず各地で販売されていたと思います」

としている。

なるほど、全国販売とはいえ知らない人がいるのはそういうことだったのか。試しに中国地方出身の社員に「実家に旅行の友ありましたか」と聞いてみると、

「あったよ。ふりかけの中で一番好き。全国で売ってるもんだと思ってた」(広島出身T、30代)
「おばあちゃん家にありました!懐かしい」(島根出身K、20代)
「実家にはなかったけど、スーパーで見た気がします」(岡山出身N、20代)

とのこと。やはり広島を中心とした中国地方での知名度はあるようだ。

100年以上にわたり各家庭の食卓を彩ってきた旅行の友。担当者は今回話題になったことについて、

「関心を持って頂けるということは、本当にありがたいことと感謝致しております。昔から懐かしいだけでなく、健康に良い、ということも永く続いている所以ではないかと思っております」

発売当時から比べると、中に入っている具材が増え、味付けも少しずつ変化しているとのこと。スーパーに立ち寄った際は探してみようと思う。

PAGETOP