関東人が愛する「ちくわぶ」はローカルフードだった! 東海以西は「全く知らない」多数派

2016年2月12日 06:00

立春は過ぎたとはいえ、ますます寒さが厳しい今日この頃だ。凍てつく日は、やはり温かいものが食べたくなる。そう、おでんなんか最高だ。おでんをつまみながら熱燗を、という左党もいるだろうが、コンビニでちょこっと買って食べるのが大好きという人も多いだろう。

おでんダネのひとつに、「ちくわぶ」がある。小麦粉に水と塩を混ぜ、こねて成形したものを茹でた食べものだ。外側に歯車のようなギザギザがあり、中に穴が開いている。この「ちくわぶ」、どうやら西日本ではあまり知られていないと聞いた。ほんとうだろうか?「ちくわぶ」は全国区ではないのか?

そこでJタウン研究所は約半年にわたって、「『ちくわぶ』、食べてた?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票数887票、2015年5月11日~16年2月8日)。はたして、その結果は――。

「地域差・ランキング」の最新記事

2016/9/30 06:00

ぼんち株式会社の「ぼんち揚」と天乃屋の「歌舞伎揚」とは、さくっとした歯ごたえと程よい醤油味が特徴の揚げ煎餅だ。どちらも1960年に発売され、それぞれ関西、...

2016/9/23 06:00

行列の途中に、人が割り込むことを「横入り(よこはいり)」と表現することがある。東京出身の記者(20代)は聞いたことがあったのだが、どうやらこれは方言で、言...

2016/9/19 11:00

発砲事件に加え、銃を持っての立てこもりが発生するなど、なにかと「銃」というキーワードを耳にすることが増えている。だが、年間にどれくらいの銃が押収されている...

2016/9/16 06:00

和食の二大麺料理といえば「そば」と「うどん」だが、それぞれをご当地名物としてアピールする地域が全国各地に存在する。...

2016/9/9 06:00

敬語は難しい。自分なりに敬意を払っているつもりでも、相手の年代によっては失礼ととらえられることも多々あるからだ。中でも相手をねぎらう言葉―「ご苦労様」は非...

東京都 最新記事
2016/9/30

デロンギ・ジャパン(東京都千代田区)は、「コーヒーの日」である2016年10月1日に「デロンギ 表参道」をオープンする。同社の全自動エスプレッソマシンの試...

2016/9/30

猫のしつけの為、エサの催促を無視したところ、思わぬ結果となってしまった。こんなツイートが2016年9月7日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際ど...

2016/9/30

あるパチンコ店で、とんでもないクレーマーを見た――こんなツイートが2016年9月25日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなクレーマーだった...

2016/9/30

ぼんち株式会社の「ぼんち揚」と天乃屋の「歌舞伎揚」とは、さくっとした歯ごたえと程よい醤油味が特徴の揚げ煎餅だ。どちらも1960年に発売され、それぞれ関西、...

2016/9/30

2016年9月28日午後、京浜東北線の車内で発生した思いがけないハプニングが話題となっている。その場に居合わせた乗客から、次のような写真付きのツイートが投...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    2
    10年平均比
    300.00%
    前週比
    +100.00%
  2. 2
    54
    -70.49%
    +74.19%
  3. 3
    5
    11.11%
    +66.67%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(2)
  2. 2

    ↑(145)
  3. 3

    ↑(6)
  4. 4

    ↑(6237)
  5. 5

    ↓(4)


注目情報
FRW

全国の美味しいフレンチ有名店のディナーが5000円で楽しめるグルメ・イベント  

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...  

ヘアアラート

Jタウン編集部がゆるキャラを使ってまさかの検証!  



関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ