「美人が多いと思う都道府県」ランキング発表! 3位・北海道、2位・秋田...1位は「あの県」だった

2015年5月 4日 06:00

現在の日本人は、ルーツの異なる集団が日本列島に辿り着き、混血を繰り返した結果と言われる。

峻険な地形とはっきりした四季の影響を受けて多様な文化が全国各地で花開いたが、同様に「県人顔」が形成されても何ら不思議ではない。
生まれ育った地から遠く離れた場所に出かけたとき、町ですれ違う人の雰囲気が「なんか違う...」と思ったことが、一度や二度はあるだろう。

Jタウンネットは2015年4月6日から27日までの22日間、「美人が多いと思う都道府県は?」というテーマでアンケートを実施したところ、全国から2835人に投票いただいた。
美人の尺度は時代と人によって変化し、絶対的なものではないことは言うまでもないが、あくまで現代人のイメージ、ということで......。

日本3大美人のうち京都だけが......

town20150430bijin_ken01_.jpg

よく言われる日本3大美人は、秋田・京都・福岡の3カ所。本アンケートでも3府県は上位にランクインした。
得票率1位だったのは福岡の17.5%。次いで多かったのが秋田の16.2%だった。2ケタに達したのはこの2県のみ。
順当にいけば京都が3位に入りそうなものだが、得票が3番目に多かったのは北海道だった。京都は石川と得票率で並び、9位にとどまった。平均より少し多いくらいの数字だ。

彫の深い顔立ちの人が多い沖縄が4位、日本中から人が集まり芸能人が多い東京が5位に入るのは納得だが、新潟が6位に入ったのは善戦と評価できよう。
7位は兵庫。北川景子、能年玲奈、戸田恵梨香、相武紗季、檀れい、上野樹里、松浦亜弥、南野陽子と、女性芸能人が異常に多いことを考えると、個人的には少々意外だ。

ランキング下位を占めたのは、海なし県や中国・四国地方、そして関西の和歌山と奈良の2県。
確かに女性有名人の名前はぱっと出てこないが、兵庫県西宮市出身の女優・藤原紀香さんは両親が和歌山の出身だった。

次に、今回のアンケートで自県に票を投じた人の割合を見てみよう。

秋田は80%が自分の県に投票している。秋田美人は自他ともに認める存在のようだ。
これに対し福岡は、自県に投票した人は全体の46.7%にとどまる。

town20150430bijin_ken000_.jpg

自県に投票したのが0%だったのは、山梨、長野、奈良、和歌山、長崎、広島の6県。
綾瀬はるかさんやPerfume、モデルの相沢紗世さんが広島の出身者であることからすると、「うそでしょ!?」と言いたくなるが、自分たちがそう思っていることは傾聴に値する。

秋田美人を認めない隣の山形県人

上の日本地図の吹き出しにも書いたが、美人の産地のお隣が、その県を評価していないケースがまま見られる。例えば、山形県人は秋田に1票も入れていない。投票総数が2ケタあったというのに。岩手も自分たちの県に入れた票数の方が多かった。

京都は74票を獲得したが、そのうち関西地方の票は12票に過ぎない。

1位の福岡はさすがにそんなことはなく、山口と佐賀で支持率1位を獲得したが、大分や熊本は地元支持の方が高く、宮崎と鹿児島にいたっては福岡に投票した人は誰もいなかった。

これはライバル意識によるものなのか、それともなまじ近いと悪いところが目につくので、票を入れなかったのか。

全国14県で秋田が支持率トップだったが、考えてみれば、実際に行ったことのある人はそれほど多くないはずだ。

美人は遠きにありて思ふもの――で終わることのないように、今回の投票に参加した人は、票を投じた地域に出かけてみて、実際に確かめてみてはいかがだろう。
写真や映像だけでは伝わりにくい、気立ての良さなども分かるかもしれない。

「地域差・ランキング」の最新記事

2018/2/9 06:00

「恵方巻き」をめぐる論争が、今年も派手に繰り広げられた。朝日新聞デジタルは、2018年2月3日、「恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも...」...

2018/1/26 19:03

2018年1月25日、この4月に民営化される大阪市営地下鉄の運営を引き継ぐ新会社・大阪市高速電気軌道株式会社(大阪市交通局100%出資)の愛称が、「Osa...

2018/1/26 06:00

あなたは焼き鳥で「塩」と「タレ」どちらを選ぶだろうか。「通」は塩を選んで素材の味を楽しむ、あるいは継ぎ足しで受け継がれてきた「タレ」こそ至高などと、互いに...

2018/1/19 06:00

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。...

2018/1/12 06:00

手羽先から揚げといえば、愛知県を中心に熱く支持されている「名古屋めし」の代表選手だ。パリパリとした食感、スパイスの効いた味は、人気が高い。もちろんコスパの...

東京都 最新記事
2018/2/17

アパートやマンションなどの集合住宅でトラブルになりやすいのは「騒音」。とくに走ったり飛び跳ねたりする子どもの足音は、階下に響く。Xさん(都道府県・年齢不明...

2018/2/17

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな変貌だったのか、見...

2018/2/17

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/2/17

同課程は、美術・デザィンにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成が目的とされています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取...

2018/2/17

絵画の奥底から出てくる、美しさ・憂いなど、目で見た印象だけではなく、「心で感じる」ことに着目し、子供たちが絵画から何を感じることができるのか、読み取ってほ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ