白川郷の春夏秋冬を「1枚の作品」に 制作期間4年の力作に反響...撮影者の思いを聞いた

2020年3月16日 18:00

ツイッターで話題になっているハッシュタグ「#しれっとすごいことを言う見た人もやる」。その多くが投稿者がこれまでにやった「すごいこと」をアピールする内容だ。

ツイッターユーザーのinoue1024(@inoue1024)さんが呟いた「すごいこと」は、岐阜県の白川郷合掌造り集落の四季をテーマにした作品だ。

季節ごとの白川郷を似たような画角で撮影。4枚の写真を違和感がないように並べて作り上げたのが、こちらの一枚になる。

白川郷の春夏秋冬を一枚に(画像はinoue1024@inoue1024さん提供)
白川郷の春夏秋冬を一枚に(画像はinoue1024@inoue1024さん提供)

向かって右から、春・夏・秋・冬。季節によって木々が色を変えていく様子がはっきりと見てとれる。山を見ると分かるように、全体で見ると1枚の白川郷だ。

inoue1024さんによれば、仕事との兼ね合いもあり撮影には4年を要した。春のサクラを写りこませるため、このような順番になっているという。

他のユーザーからは、

「これはガチなカレンダー案件」
「とても美しいです!!感動いたしました」
「どの写真、季節もすごく魅力的だな」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ