列に割り込む=「横入り」、実は方言! 都道府県別に使用率を調べると...

2016年9月23日 06:00

行列の途中に、人が割り込むことを「横入り(よこはいり)」と表現することがある。東京出身の記者(20代)は聞いたことがあったのだが、どうやらこれは方言で、言わない地域もあるらしい。

そこでJタウン研究所では、「『横入り』って言う?言わない?」をテーマに都道府県別のアンケート調査を行った(総得票数1693票、2016年8月19日~9月20日)。果たして結果は――。

「愛知」での使用率が高い

全国平均の集計結果では、「言う」が71.9%にのぼった。「言わない」は約3割となり、かなりの地域で「横入り」が使われているとわかる。都道府県ごとの使用率を比べてみると、青森、宮城、群馬、愛知、滋賀、高知、宮崎の7県が90%以上にのぼった。関東地方で高いのは神奈川県(86.4%)。「横入り」には神奈川発祥という説もあり、それを信じている人も多い。

「横入り」分布図
「横入り」分布図

言わない派が優勢だったのは、新潟、兵庫、鳥取、広島、山口、大分、佐賀、長崎の8県。中部地方から東北にかけて「言う」地域が広がっているが、あまり西日本では使われていないようだ。

ではそもそも、どの地域で「横入り」が誕生したのだろうか。資料を調べてみると、毎日新聞中部版(2009年9月18日朝刊)のコラム「清水義範のなごやキーワード事典」に興味深い記述を見つけた。

「この『横入り』という言葉の意味がわからない名古屋人はいないと思うが、『列への割込み』のことだ。そしてそれは、名古屋弁であり、ずーっと東京では通じない言い方であった」

ここでは小説家の清水義範さんが、もともと「横入り」は名古屋弁で、地元出身の学生が東京で方言を使うことで広まった「東京新方言」の一種だと指摘している。愛知県の「言う」割合は90%であることから、この説は正しいのかもしれない。

地方から普及し、のちに東京へ

「横入り」の起源については、井上史雄さんと鑓水兼貴さん編著の『辞典<新しい日本語>』(2002年、東洋書林)も詳しい。ここでは「新語が地方に先に普及し、東京が遅れた例」として紹介されている。

地域としては神奈川、東京、埼玉、群馬などに加え、若い世代では「中国地方から関東地方にかけてと北海道でもよく使われている」とある。なお新潟県では水上や小出、小千谷で使用されているとあるが、今回の調査では「言う」は16.7%にとどまっていた。

同書では「名古屋由来」について触れられていないが、共編著者の井上さんは後に、ニュースサイト「はまれぽ」(2011年9月22日付、16年9月17日再掲載)のインタビューで、「横入り」を中部地方から横浜へ入ってきた言葉だと説明している。

調べた限り、「横入り」は全国的に浸透しているとわかった。また確たる証拠はないが、中部地方から神奈川の若い世代へ広がり、東京経由で全国区になったた可能性は高そうだ。なお今回、読み方については投票を受け付けなかったため、地域によって「よこいり」と読む可能性もあることを指摘しておく。

「地域差・ランキング」の最新記事

2018/9/14 06:00

「関関同立」――関西の名門私立大学4校、同志社大学・立命館大学・関西大学・関西学院大学の4校の頭文字を並べた言葉だが、「関関」の2文字はそれぞれどちらの大...

2018/9/7 06:00

読者の皆様が推している車はどこのメーカーのものだろうか。...

2018/8/31 06:00

読者の皆様が今乗っている車のメーカーはなんだろうか。...

東京都 最新記事
2018/9/20

ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。天動説から地動説(太陽中...

2018/9/20

宮いつきは東京都に生まれ、東京藝術大学を卒業後は、創画展、個展、グループ展と発表を重ね、1995年には文化庁芸術家在外研修制度(現・新進芸術家海外研修制度...

2018/9/19

いわさきちひろ生誕100年「Life展」作家で、母で つくるそだてる長島有里枝鼎談【講師】長島有里枝(アーティスト)、高橋朗(PGIギャラリーディレクター...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ