他の人に突き刺さったら密! ある博物館が導入した「ソーシャルディスタンスの槍」が斬新すぎる

2020年6月 6日 11:00

緊急事態宣言が全面解除となり、臨時休館を行なっていた美術館や博物館などの文化施設が次々と再オープンした。

しかし、新型コロナウイルスの脅威は未だ完全には去っていないため、各館はそれぞれ感染防止のための対策を講じている。

縄文時代の土器や石器を数多く展示する井戸尻考古館(長野県諏訪郡)も2020年6月2日に再開。入館時、受付表に連絡先などを記入することや、検温、手指の消毒、マスクの着用などを来館者に求めている。

さらに、館内にはこんなものが置かれているという。

写真は学芸員・副島さんのツイートより(編集部で一部加工)
写真は学芸員・副島さんのツイートより(編集部で一部加工)

「ソーシャルディスタンスの槍」だ。

竹の先に黒曜石がついたこの槍の長さは2メートルほど。他の来館者と距離を取る際の目安にするために用意されたものだそう。槍を持って展示室を歩き、他の人に槍が刺されば距離が近すぎる、というわけだ。

これまでソーシャルディスタンシングに関する様々な呼びかけを見てきたが、こんなにも視覚的にわかりやすいものは初めてだ。

他の人に槍が刺されば「密」!(写真は学芸員・副島さんのツイートより)
他の人に槍が刺されば「密」!(写真は学芸員・副島さんのツイートより)

これらの写真は、同館の学芸員である副島蔵人(そえじま・くらんど)さんが3日、自身のツイッターに投稿したもの。Jタウンネットでは5日、なぜ「槍」を作ったのか副島さんに電話取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ