「アマビエトラック」で全国に元気をお届け なぜ誕生?運送業者の思いを聞いた

2020年4月 9日 20:00

藤田代表「うちで何かできることはないか」

一方、一番運輸の藤田代表はアマビエをトラックに印刷した理由をこう話す。

「朝から晩までコロナの嫌なニュースばかりだから、うちで何かできることはないかなと思いました」

アマビエのイラストはネットで検索し、その中でも「人に威圧感を与えない絵」を選んだとのこと。4月4日に東京モノノケさんに連絡し、新車のトラック1台に印刷した。

運が良ければ見かけられるかも
運が良ければ見かけられるかも(画像は東京モノノケ@tmnk_illustさん提供)

一番運輸ではトラックの荷台にイラストや文字をプリントする事業を行っており、印刷にはもともと会社にあったボディプリンターを使用。藤田代表は「淡く柔らかい雰囲気をそのまま出せました」と話している。

アマビエトラックは4月17日から走行予定。長距離トラックのため大分~関東のどこかで見られるという。

「(アマビエトラックは)コロナが終息するまで走行する予定です。塗装は簡単に落とせるので...。おさまればいいなと思います」

もちろん早く終息して役目を終えるに越したことはない。だがそれまでは、このトラックが日本各地に元気を届けてくれることだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ