落とし物を届けたら、粋なデザインの「ありがとうカード」が! なぜ配布?小田急広報に聞いた

2019年11月30日 20:00

優しさが詰まった小田急電鉄のカードが、ツイッターで話題を呼んでいる。

それがこちらだ。

駅名標を模した名刺サイズの小さなカードには、「ありがとう」と書かれるほか、隣駅が「小田急→お客さま」となっているなど、鉄道会社ならではの計らいが。投稿主が落とし物を届けたところ、駅員がこのカードをくれたという。

投稿したのはツイッターユーザーの望歩譜朝(@MoufuFuasa)さん。2019年11月20日にカードを投稿し、25日11時時点でリツイートは1万6000を超えている。

投稿のリプライ(返信)欄は、

「届けた貴方も素晴らしい」
「小田急ユーザーなので、ホッコリ心が温まりました」
「僕の鍵を拾ってくださった方もこれをもらっているのね」

というような、温かい言葉で溢れかえっている。聞いているだけで、優しい気持ちになるなあ...。

なぜこのような取り組みを始めたのだろうか。Jタウンネットは21日、小田急電鉄のCSR広報部担当者を取材し、カードに対する想いを聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ