くまモン、ふっかちゃん、ひこにゃん、そして家康くん! センター試験、日本史Bに「ゆるキャラ」登場で「少し和んだ」

2018年1月15日 17:00

大学受験で避けられない登竜門、センター試験が2018年も幕を閉じた。「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(44)、「オードリー」の春日俊彰さん(38)が受験するなど、注目を浴びた年であった。

そんな今年のセンター試験の科目のうち、日本史Bでは「ゆるキャラ」が問題文に登場し、ネット上で話題を呼んでいる。

「観光といえばくまモンのようなゆるキャラは外せない」

出世大名家康くん(2015年撮影)
出世大名家康くん(2015年撮影)

ゆるキャラが出現したのは、6つの大問のうち、第1問で、ある自治体の観光課にいる2人の会話から。問題文の冒頭で、「観光といえば、(中略)『くまモン』のようなゆるキャラは外せない」と始まる。

その後も「深谷市は『ふっかちゃん』でアピール」、「彦根市の『ひこにゃん』のように戦国大名や江戸時代の領主が地域を代表するキャラクターになる」、「(編注:浜松市の)『出世大名家康くん』は徳川家康がモデルだが(中略)地域の歴史・産物を圧縮したキャラクター」と説明されている。

いずれも、解答の選択肢にはなっていなかった。

ツイッター上では、試験の問題文に現れたゆるキャラ達に対し、

などといった反応が続出した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ