カラフルで幻想的、タピオカよりも美しい。仙台銘菓「九重」が密かなブーム

2019年7月13日 12:00

タピオカが流行し始めて久しいが、そろそろ飽きてきた人もいるかもしれない。そんな人におすすめしたい仙台の和菓子が、ツイッターで話題になっている。

それは、九重本舗玉澤(本社・仙台市)が製造・販売する「九重(ここのえ)」だ。

途中経過に見とれてしまう
途中経過に見とれてしまう

もち米・砂糖などで作られた小さな粒状のお菓子で、それぞれ緑、黄色、薄紫と色鮮やかだ。お湯、もしくは冷水に入れると、徐々に水が着色され、粒が浮かびあがる。見た目としては、カラフルなタピオカといった印象だ。

その美しさからツイッターで話題となり、NHKなどのメディアに取り上げられるなど改めて注目を集めている。

タピオカの裏でささやかに流行り始めた九重を、筆者もさっそく飲んでみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ