渋谷に「巨大なコンクリート塊」が出現→公衆トイレでした 斬新なデザインの理由は?区役所に聞いた

2020年10月25日 08:00

突然だが、こちらの写真を見ていただきたい。みなさんは、これが何の建物かわかるだろうか。

千駄ヶ谷駅前公衆便所(画像は編集部撮影)
千駄ヶ谷駅前公衆便所(画像は編集部撮影)

東京・国立競技場駅(都営地下鉄)の地上出口の横にドンとそびえるコンクリートの塊。かなり頑丈そうだし...よく見るとちょっと浮いているように見える。なんだが不思議な建物だ。

この建物の正体は、JR千駄ヶ谷駅(渋谷区)近くにある「千駄ヶ谷駅前公衆便所」。2020年8月7日に工事が完了し、20日に開所式が行われた。

ツイッターでは9月初旬頃から話題となり、

「スゲー斬新なデザイン」
「支え方がよくわかんない感じに重いものが置かれてると、不思議な浮遊感」
「このトイレで便所飯したらカフェ気分やん」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ