寂れた炭鉱設備、道路に佇む1匹のキタキツネ... 「北海道の廃れた世界」を映した写真に反響

2020年10月17日 20:00

第15回「地域ブランド調査2020」(ブランド総合研究所、2020年10月発表)によると、全国で最も魅力的な都道府県は12年連続で北海道だった。安定の人気ナンバーワンである。

ただ北海道と言っても、かなり広い。観光客が憧れる魅力的な観光スポットの陰には、こんな寂しげな場所もあるという。

2020年10月13日に、次のような写真が投稿され、話題となっている。

道路脇にある矢羽根付きのポール(標柱)は、道路の境目を指し、積雪時に道路の幅を示すものだ。北海道民にはおなじみの光景と言っても良いだろう。そして道の中に座り込んでいるのは、犬ではない。どうやらキタキツネのようだ。これまた北海道ならではの風景かもしれない。

写真をツイートしたのは、北海道の廃墟やひなびた風景と人々の姿を記録して歩いている「道民の人」(@North_ern2)さんだ。「この写真が自分の中で一番『北海道の廃れた世界』を凝縮した一枚だと思っている」というコメントを添えている。

それにしても背景の大きな建物は何だろう? いったいここは、どこだろう? 

Jタウンネットは、投稿者の「道民の人」さんの話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ