山の真ん中に巨大な一本筋現る 九州新幹線の災害対策に反響「勢い余ったバリカンみたい」「万里の長城かと」

2020年8月21日 20:00

2022年度の開業に向けて整備が進められている、九州新幹線・西九州ルート。実際に乗車できるのはまだ先だが、ツイッターではあるユーザーが捉えたこんな光景が話題を呼んでいる。

範囲が広い(画像は猫耳幼女のyasu@Library_Yasuさん提供)
範囲が広い(画像は猫耳幼女のyasu@Library_Yasuさん提供)

新幹線車両が通る線路を通すために、山がトンネルで貫かれている。その入り口の周りは、麓からほぼ山頂まで、細長い範囲で木がなくなり、丈夫そうな素材で覆われている。彫刻刀で木を削り取ったような、なかなか衝撃的な光景だ。

画像はツイッターユーザーの猫耳幼女のyasu(@Library_Yasu)さんが2020年7月25日に投稿したもの。撮影した場所は長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)郡東彼杵町だという。

猫耳幼女のyasuさんの投稿に対し、ツイッターでは、

「どこの万里の長城かと空見したぞ」
「勢いが余ったバリカンみたいになってますね」
「土砂崩れでトンネルが塞がれないようにしているのですね」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ