JR高崎駅が「謎の紙」を配布中 かつて券売機で活躍も...「いい使い方があったら教えて」

2020年5月21日 17:00

JR高崎駅(群馬県)で謎の紙が無料配布されている――

ツイッターに上がった報告によれば、配られているのはトイレットペーパーのようなロール紙と、両サイドに穴の開いた四角い紙。机の上にそれぞれ山積みにされている。

何の紙なのか(画像は@SyakaOsyakaさん提供)
何の紙なのか(画像は@SyakaOsyakaさん提供)

近くに設置されたホワイトボードには「ご自由にお持ち帰りください」と掲示されているが、これを持ち帰ったところで何に使うのか...。

しかしツイッターを見る限り、意外と貰っていく人はいる様子。そのうえ定期的に補充されているようで、かなりの在庫があることが伺える。

また、貼り紙には謎の紙についての情報が載っており、

「ふるーい券売機で使われていました。これを書いている中の人も、どう使われていたのかを知りません」
「もしいい使い方があったら、『#高崎線』でつぶやいてください」

などと記されている。ちなみにロール紙の片面は感熱紙となっており、トイレットペーパーには不向きのようだ。

中の人もよく知らないらしい(画像は@SyakaOsyakaさん提供)
中の人もよく知らないらしい(画像は@SyakaOsyakaさん提供)

Jタウンネットは2020年5月21日、JR東日本高崎支社の広報担当者を通して、高崎駅に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ