福島のイオンモールが、駐車場を1階に作った理由 東日本大震災の教訓を生かした構造に称賛

2020年3月10日 06:00

未曽有の被害をもたらした東日本大震災から、間もなく9年を迎える。

そんな折、あるユーザーが震災の経験を生かした構造のイオンモールを紹介し、ツイッターで話題になっている。いったいどんな店舗かというと...。

1階が駐車場(画像はでまえ‐T@d_itchouさん提供)
1階が駐車場(画像はでまえ‐T@d_itchouさん提供)

通常ならば売り場が入っているはずの1階が駐車場となっているのだ。

この店舗は福島県いわき市にあるイオンモールいわき小名浜店。ツイッターユーザーのでまえ-T(@d_itchou)さんの投稿によれば、店内には1階が駐車場となっている理由が複数箇所に掲示してある。

津波の浸水被害に備えての構造(画像はでまえ-T@d_itchouさん提供)
津波の浸水被害に備えての構造(画像はでまえ-T@d_itchouさん提供)

イオンモールいわき小名浜店は2018年6月にオープン。当時発表したリリースによれば、1階を駐車場(ピロティ)にしたのは津波の浸水被害に備えてのこと。変電設備や受水槽などの重要施設を2階以上に設置している。

また4階には緊急用水栓が設置されていて、断水・停電時でも飲料水の供給が可能。非常用電源が止まった場合でも受水槽付近に設置した非常用水栓より飲料水が供給される。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ