GACKTライブ「埼玉県民専用席」の待遇は? 事務所に聞くと...「ネタとしてひどい扱い」

2020年2月 4日 20:00

デビュー20周年を記念した全国ツアー「GACKT 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2020 KHAOS」を開催中のミュージシャン・GACKTさん。2020年2月1日の名古屋公演ではギターで顔面を強打し失神するというハプニングがあったものの、大事には至らずツアーを継続している。

埼玉県民にはいったいどんな待遇が...(画像は投稿者提供
埼玉県民にはいったいどんな待遇が...(画像は投稿者提供)

今回のツアーでとりわけ注目されているのが、「埼玉県民」への対応だ。

ツアーのポスターがGACKTさんの出演した大ヒット映画「翔んで埼玉」のパロディとなっているほか、ライブ席の最後列を埼玉県民用として破格の値段「3100(サイタマ)円」で用意。これはGACKTさんなりの愛...なのだろうか。

「翔んで埼玉」風のポスター(プレスリリースより)
「翔んで埼玉」風のポスター(プレスリリースより)

現在はツアーも折り返しといったところだが、あのGACKT様のことだ。埼玉県民たちが普通にライブを観戦できているとは考えづらい。会場ではいったいどのような扱いを受けているのだろうか。

Jタウンネットは2月4日、GACKTさんの事務所に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ