秋葉原の正しい読み方は「あきばはら」って本当? 地名由来の神社に話を聞くと...

2020年1月15日 06:00

やってしまうと恥ずかしい漢字の「読み間違い」。

先日、Jタウンネットの「秋葉原を『あきばはら』と言い続ける友人 間違いを指摘するべき?それとも...」との記事で、東京・秋葉原(あきはばら)のことを「あきばはら」と読んでいた知人がいたという読者からの体験談を紹介したところ、読者から、

「『あきばはら』は間違いではないです」

とのメールが複数寄せられた。なんでも、いまは一般的に「あきはばら」とされているが、昔は「あきばはら」と読んでいたこともあったそうだ。

「生まれも育ちも秋葉原の高齢の父も『昔はあきばはらって言ってた』と以前から言ってました」

と、投稿を寄せたEさん(都道府県・年齢性別不明)。ほかにも、「もともとあきばはらが正式名称であきはばらは秋葉原駅ができてからの読み方です」といった指摘もあった。

真相はいったいどうなのだろうか。

Jタウンネットは、秋葉原の名前の起源になったとされる秋葉神社(東京都台東区)の宮司に詳しい話を聞いた。

画像はイメージ
画像はイメージ

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ