電気屋のチラシにしか見えない... すみだ水族館の「ダサい広告」なぜ誕生?担当者に聞いた

2019年8月15日 06:00
すみだ水族館の車内広告(画像提供:オリックス水族館)
すみだ水族館の車内広告(画像提供:オリックス水族館)

電車の中で何気なく見た広告が、予想外におもしろくて、ついつい隅から隅まで読んでしまった、という経験はないだろうか? めったにないことだが、ごくまれにあったりする。

いまツイッターで話題になっているのは、すみだ水族館の広告(写真上)だ。

「すみだ水族館の広告。ちゃんと読んでいくと、ニヤニヤしてしまう」
「この電気屋のチラシ感はわざとだよな......笑 絶妙にふざけていてじわる」
「スーパーのチラシみたいなデザインのがあったからよく見てみたらすみだ水族館のだった...」

まるで90年代の家電量販店のチラシ、スーパーのチラシみたいなデザインだが、「センスはダサいが素人臭いというのとは違う」となぜか好評のようだ。コピーについても、「絶妙にふざけていてじわる」とコメントされている。

このおもしろい広告、いったいなぜ生まれたのか? Jタウンネット編集部は、すみだ水族館に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ