JR導入から30年、「駅メロ」が変えた鉄道風景 元祖メロディーの誕生秘話に迫った

2019年3月11日 06:00

鉄道に乗ると、到着や発車の際に多彩に音楽が駅で聞こえるようになった。発車メロディーや接近メロディーと言われるものだ。これも平成の30年間でずいぶんと進化したのではないだろうか。

こうしたメロディー――通称「駅メロ」の普及に最も貢献したのはJR東日本だろう。同社が1989年に首都圏で発車メロディーの導入を始めてから、30年の節目を迎えた。

(mrhayataさん撮影、Flickrより)
Station person in charge
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ