「看板建築」って知ってる? 江戸東京たてもの園で勉強してきた

2018年6月 7日 11:00

「看板建築」――という言葉を見たことがある人はどのくらいいるだろうか。お世辞にも多いとは言えないだろう。

筆者も全く知らなかった言葉だったが、一体どんな建築を指すのだろうか。Jタウンネット編集部の記者は「看板建築展」が開かれているという、東京都立小金井公園内の「江戸東京たてもの園」へ向かった。

「看板建築」のきっかけは関東大震災だった

「看板建築」の「三省堂(さんしょうどう)」。看板のように平らなところが特徴だ(写真は2018年6月1日Jタウンネット編集部撮影・以下同)
「看板建築」の「三省堂(さんしょうどう)」。看板のように平らなところが特徴だ(写真は2018年6月1日Jタウンネット編集部撮影・以下同)

東京の歴史的建造物を移築した「江戸東京たてもの園」では、2018年7月8日まで、「看板建築展」が開催されている(月曜日は休園)。

ここから「江戸東京たてもの園」に入る。梅雨が近いというのに素晴らしい快晴だった
ここから「江戸東京たてもの園」に入る。梅雨が近いというのに素晴らしい快晴だった

「看板建築」とは、平らな壁面に銅板やタイルが貼られた木造の商店建築のこと。横から見ると、建物正面がほぼまっすぐなのが特徴で、現在も神田神保町などに多く残っている。そのため当初は「例の神田のやつ」などと呼ばれていたというが、1970年代に建築史家の堀勇良さんらによって「看板建築」の名がつけられた。

植村商店。戸袋などを銅で包んでおり、雨よけ付近や頂上部のデザインが目を引く。上のイスラエル国旗のような星印の中には「US」と書かれており、「Uemura Shoten」の略称とみられる
植村商店。戸袋などを銅で包んでおり、雨よけ付近や頂上部のデザインが目を引く。上のイスラエル国旗のような星印の中には「US」と書かれており、「Uemura Shoten」の略称とみられる

横から見るとほぼまっすぐだ
横から見るとほぼまっすぐだ

「看板建築」の始まりは、1923年(大正12年)の関東大震災で多くの建物が倒壊したことだ。焼け野原となった街並みを復興させるため、バラックで仮設の商店を立てた。その際に民俗学研究者の今和次郎(こん・わじろう)氏がバラックを「美しくする仕事一切」を請け負う「バラック装飾社」を立ち上げ、バラックの装飾に尽力。これがのちの「看板建築」に大きな影響を及ぼした。

当時のバラック建築「カフェー・キリン」。仮設とは思えないほどのクオリティだ
当時のバラック建築「カフェー・キリン」。仮設とは思えないほどのクオリティだ

バラックの資生堂出雲町店の外観デザイン
バラックの資生堂出雲町店の外観デザイン

その後、本格的に町の復興がスタート。当時は3階建ての建物を作ることが禁じられていたため、3階部分は当初「屋根裏部屋」の扱いだったという。その後の法改正で3階の建築が認められるようになり、冒頭に写真を載せた「三省堂」のように、窓のある3階がみられるようになった。

復興の際には鉄筋コンクリートを用いた建物も多く建てられ、木造でも伝統的に「出桁造り(だしげたづくり)」という手法が用いられることが多かった中、木造の建物の表面に銅板やタイルを張り、建築家が意匠を凝らした「看板建築」が作られ始めたという。

「出桁造り」では、屋根部分近くから柱が出ているのが特徴だ
「出桁造り」では、屋根部分近くから柱が出ているのが特徴だ

そんな「看板建築」には、5つの特徴がある。

1)間口が狭く、奥行きがある建物が多い
2)木造建築で、建物の正面部分(ファザード)が平坦
3)建物の正面部分は銅板やタイルを張ったり、モルタルで仕上げる
4)屋根には「腰折れ屋根(マンサード屋根・ギャンブレル屋根)」を用いることが多い
5)建物表面の装飾が豊かで銅板張りの質が精緻

1)は、「建物建築展」にあった模型を見てみるとよく分かる。細長い形状の家ながら建物の表面に装飾が施されている。2)は先にみた通りで、狭いながらも少しでもスペースを有効に用いるかを考えたものだ。

town20180606180651.jpg

4)の「腰折れ屋根」とは、下の赤い丸の屋根の部分のこと。二段階に曲がっていることがわかる。

town20180606180711.jpg

ほか、5)についても、以下の写真を見てみると、非常に細かいところながら、花や枝を模した微細な柄が描かれていることが分かる。

ちなみにこの建物はお花屋さん
ちなみにこの建物はお花屋さん

こうした「看板建築」の建物は、昭和に入ってからもしばらく存在していたものの、バブル時代の再開発などで建て替えが行われたという。残っているのは「江戸東京たてもの園」の調査では以下の通り。黄色の場所が残っている場所、緑の部分は園に移設されたもの、白はすでに存在しない場所だ。

概ね半分くらいは残っている印象。今後も再開発が進めば、知らない間に「看板建築」も無くなっていってしまうのかも
概ね半分くらいは残っている印象。今後も再開発が進めば、知らない間に「看板建築」も無くなっていってしまうのかも

現在、埼玉県の川越市や茨城県の石岡市、静岡県の三島市などに「看板建築」は残存している。東京都でも、青梅駅周辺の青梅街道付近の街並みや、中央区日本橋などにもあり、さらには編集部からも近い千代田区神田神保町にもあるそうだ。

「これは見に行くしかない」

そう直感した筆者は、カメラを持って電車へと乗り込んだのであった――。(つづく

「行ってみた」の最新記事

2019/1/13 18:00

日本で最も人が集まる場所の一つの渋谷。だが、その一角に今ゴーストタウンのような場所が出現している。 渋谷、桜丘町封鎖。ついに工事が始まる...! pic...

2019/1/3 20:00

一般に「風俗街」と呼ばれる街に住み、働く人々は、その土地でどんな食事をしているのだろうか。Jタウンネットでは、そんな疑問をきっかけに取材を続けてきた。前回...

2019/1/2 20:00

一般に「風俗街」と呼ばれる街に住み、働く人々は、その土地でどんな食事をしているのだろうか。前回は日本屈指のソープランド街として知られる東京・吉原を調査し、...

東京都 最新記事
2019/1/16

北海道民の「距離感」がいま話題になっている。上京した道民の告白によると、東京は実際よりもっと小さいと思っていたらしい。山手線一周にかかる時間も、駅と駅の間...

2019/1/16

平成最後のバレンタインデー&ホワイトデー。東京ドームホテルバー「2000」とのコラボカクテル第2弾!チョコレートや星がテーマのちょっぴりリッチなカクテルが...

2019/1/16

当館のコレクションの中心である池口史子の油彩画をはじめとした、所蔵する8名の洋画家たちの傑作を一挙に初公開します。各作家の画業をたどりながら、「具象画って...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ