ツッコミ所のオンパレード... ホーチミンに実在する「雑に再現された歌舞伎町」が逆に最高だと話題に

2020年6月18日 20:25

ホーチミンはベトナム最大の都市で、かつてはサイゴンと呼ばれ、「東洋のパリ」とも称された美しい街並みで知られている。現在は経済成長めざましく、高層ビルが立ち並び、約800万人の人々が生活する、東南アジア有数の経済的中心地の一つだ。

このホーチミン市在住のライター、日本語教師の渋澤怜(@RayShibusawa)さんが、2020年6月17日に投稿した、次のようなツイートがいま話題となっている。

なんと、ホーチミンに「歌舞伎町」っぽい空間があるというのだ。

話題になったツイートは、「ホーチミン郊外に突如現れたフェイクな居酒屋『チルタウン』行ってきました」という報告だ。

写真には、日本語の看板が多数見えるが、渋澤さんは「いろんな意味で間違いまくってるど...これ、わざとなのか? 偶然なら奇跡だぞ」と指摘する。

「歌舞伎町や渋谷センター街を模してるっぽいけど、本気で模してはいなくて、すっごい雑でテキトー」

だという。

一見、日本のようだけど、よく見ると日本語がかなりおかしい。外国人には日本に見えるかもしれないが、日本人が見ると明らかに変だ。「その面白さは日本人しか味わえないはず...」と、渋澤さんはつぶやく。

このツイートには、7万4000件を超える「いいね」が付けられ、現在も拡散している(6月18日現在)。

どうやらこの「チルタウン」は外国人がイメージする「日本」、フェイクな日本なのだ。「チルタウン」についての渋澤さんのツイートは、まだまだ続く。いくつかご紹介しよう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ