大人になるってどういうこと?→答えは「食べかけのアイス」にあった

2020年5月19日 21:00

夏の暑い日に、お腹いっぱいアイスクリームを食べる...子どものころの夢だった。できるだけたくさん食べたくて、買ってもらえる時はより大きいものを選んだ。それでも物足りなくて、大人になったら好きなだけ買って食べると心に決めていた。

しかし実際、大人になってみるとどうだろう。お金もあるし誰に咎められることもない。いつだってたくさん食べられる準備はできているのに、なぜ実行しないのか。

その答えを表した写真がこれだ。

食べたいけど、食べられない(画像は高橋@undonemoralさん提供)
食べたいけど、食べられない(画像は高橋@undonemoralさん提供)

「これが大人になるということだ」

2020年5月15日、半分近く残された「明治エッセルスーパーカップ」(超バニラ)の写真とともにこう投稿したのは、ツイッターユーザーの高橋さん(@undonemoral)だ。カップには丁寧にラップがかけられ、のちにフタを閉められる。

これが何を意味しているか、食べ盛りの若者には分からないだろう。

不思議なことに、大人になると「1度に食べきれない」という現象が起きてしまうのだ。

高橋さんの投稿は19日時点で2万4000万件以上リツイートされ、大きな反響を呼んでいる。他のユーザーからは、

「わかります...食べ切れないのです」
「スーパーカップは本当にスーパーだったと大人になってから気づく」
「昨日食ったから共感『あれ?量多くね?』ってなった」
「胃が...受け付けない...のか...な?」

といったコメントが寄せられている。

これは筆者(26)も心当たりがある。20代前半くらいまではスーパーカップのチョコや抹茶を1度に1カップ、ぺろりと食べていた。ところがある時から、4分の3ほど食べたところで「もういいや」という気持ちが芽生えてきた。最近は量の少ないアイスパーやミニカップばかり購入している。

もうきっとあの頃のようには食べられないだろう――そう思うと何だか切ない気持ちになる。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ