品薄で消毒用アルコールが入手できない! そんなピンチを解決する「代用品」とは

2020年2月 7日 20:00

新型コロナウイルスの感染者が国内でも続々と確認されている。その影響なのか、ドラッグストアや薬局の店頭から、マスクや消毒用アルコールの姿が消えつつあるようだ。

ネット通販ではマスクが高騰しているというし、さまざまな噂も飛び交っている。そんな中、2020年2月6日、次のようなツイートが厚生労働省の公式アカウントから投稿され、話題となっている。

「新型コロナウイルス...予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です」と書かれている。えっ、そんな情報が広まっていたことも知らなかったJタウンネット記者は、ただただ驚くほかなかった。

「厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」と書かれている。これは、真面目にきちんとやらなくてはならない、国民として。

「そうだ、アルコール消毒、しよう」というわけで、Jタウンネット記者は、ドラッグストアに行って、「消毒用アルコール」を探した。でも、品切れ。店員に聞く。「入荷の予定分かりません」。後は、無限ループだった。

厚生労働省さん、いったいどうすればいいの?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ