【平成ノスタルジー図鑑】コロちゃんのコロッケ屋!/700店展開も本部破産で激減

2017年3月23日 06:00
「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。
というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成も終わらぬうちから紹介するのが、この「平成ノスタルジー図鑑」である。

【コロちゃんのコロッケ屋!】

平成8年(1996年)に創業し、翌年からフランチャイズ(FC)展開を始めた「コロちゃんのコロッケ屋!」。スーパーマーケット店頭のプレハブ小屋などで、揚げたてのコロッケを1個50円前後で提供するスタイルで人気を呼んだ。

コロちゃんのコロッケ屋の看板(筆者撮影)
コロちゃんのコロッケ屋の看板(筆者撮影)

ピーク時は約700店を擁し、海外進出も果たしたが、平成19年(2007年)にFC本部が自己破産を申請すると、続々とFC加盟店は閉店。しかし、10年経った今なお、当時のままの屋号で営業している店舗がある。

補足:現存する店舗へ行ってみた

駅舎にテナントとして入っている高根公団店
駅舎にテナントとして入っている高根公団店

平成ノスタルジー学会員は平成28年(2016年)8月、現存する「コロちゃんのコロッケ屋!」のひとつ、高根公団店(千葉県船橋市)を訪れた。看板には、笑顔でコロッケにかぶりつく、見なれたマスコットキャラがあしらわれている。

さっそくコロッケ(68円)を食べてみると、サクサクの衣と、ホクホクのジャガイモ。そして油分が、ほどよく調和していた。

コロッケはサクサク&ホクホクだった
コロッケはサクサク&ホクホクだった

いまも当時の名前で営業している店舗は、全国各地にあるようだ。ネット上で調べたところ、平成28年のみに絞っても、愛知県岡崎市や豊田市、千葉県八街市などで目撃情報が出ている。

あなたの「平成ノスタルジー」を投稿してください

あなたも一緒に、「平成ノスタルジー図鑑」を執筆しませんか? 人物、商品、文化など、「平成」を感じる懐かしい、あるいは今後懐かしくなるであろうものについての投稿をお待ちしています。テーマと解説文(200字以内)、あなたのペンネームを明記して、toko@j-town.netまでお送りください。

採用者にはAmazonギフト券300円分(ご自身で撮影した写真がある方には同500円分)をプレゼントするとともに、「平成ノスタルジー学会」のメンバーとして認定します!

heisei.jpg

平成ノスタルジー学会

平成という時代を後世に語り継ぐべく、懐古厨のニュースサイト編集者たちがノリで立ち上げた組織。「第1回webメディアびっくりセール」では「平成ノスタルジー図鑑 ver 0.1」を頒布しひっそりデビュー。現在メンバー募集中。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ