本気だから面白い。事務椅子で街を全力疾走する過酷な耐久レース「いす-1GP」

2015年3月26日 18:44

会社で毎日お世話になっている人も多いであろう、車輪付きの「事務椅子」。立ち上がるのが億劫な時なんかは、座ったまま地面を蹴って、コロコロ......と移動することもある。そんな椅子を使って、思いきり外を走ってみたいと思ったことはないだろうか? そんな冗談のようなハナシが、現実に存在する。

その名も、「いす-1グランプリ2015」。F-1ならぬ「いす-1GP」である。2015年3月28日、京都府京田辺市のキララ商店街内特設コースで開催される。事務椅子を使って、商店街のコースを何週走れるかを競う耐久レースだ。

途中で、タイヤがとれたり、背もたれが壊れたり、最後にはタイヤの足の根元から折れてしまうほど、過酷なレースだ。一度見たら忘れる事ができないほど、インパクトのある光景が繰り広げられる。

2010年の初開催以来、早くも6年目を迎える。創設の地である京田辺市のみならず、長崎県や山形県など、全国各地にまで拡大している。

今年の参加は64チーム。既にエントリーは締め切られたが、熱い応援を待っている。最新情報は、公式フェイスブックからもチェックできる。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ