なつかしい~! 子供のころに夢中になった「プラバン遊び」、カップスープのフタでやってみたら...

2021年1月27日 11:00

「プラバン」と聞くと、小学生の頃に遊んだ記憶がよみがえる人もいるだろう。

薄く柔らかいプラスチックの板をイラストの上に重ね、ペンでなぞればそっくりに描ける。それに小さな穴を開け、オーブンで焼くと小さく縮んで固くなる。紐を通せばちょっとしたキーホルダーのできあがりだ。

そんなプラスチックの性質をうまく活かした作品が、ツイッター上で話題になっている。

これは集めたくなる(写真はメロマイさんから。編集部で一部加工)
これは集めたくなる(写真はメロマイさんから。編集部で一部加工)

こちらは、ツイッターユーザーのメロマイさん(@mellowmind)が、2021年1月24日に投稿した写真。

カップスープやミニトマトの容器のフタが、小さくてかわいらしいプラバンのアクセサリーに変身している。さまざまな種類のプラバンがずらりと並んでいるのは壮観だ。

メロマイさんが使ったのは、こんな「プラバン」たち。

縮める前はこんな感じ(写真はメロマイさんから)
縮める前はこんな感じ(写真はメロマイさんから)

市販の商品のプラ容器だ。

これらをプラバンのように縮めるというアイデアは、19年5月に投稿され話題になった、「とんかつ和幸」のお弁当のフタをプラバンにしたというツイートを参考にしたそうだ。

Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑gogo! fukui