ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

ネオトライダガーZMCが良い香りの煙を噴射! 静岡企業がタッグを組んだ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」グッズが斬新すぎる

仲久保 岳

仲久保 岳

2024.06.20 08:00
0

2024年、ミニ四駆マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」(作・こしたてつひろ)は原作連載30周年を迎える。

そんな節目の年に、作中に登場するあの名マシンをモデルにした商品が登場した。

6月14日に発売されたのは主人公たちのライバル、鷹羽リョウの愛車「ネオトライダガーZMC」の――。

鉄心先生も驚きの職人技だ!(画像は栗田産業の公式Xより)
鉄心先生も驚きの職人技だ!(画像は栗田産業の公式Xより)

「香炉」である。ど、どうして......?

この不思議すぎる商品を手掛けたのは、静岡県の老舗鋳物メーカー・栗田産業(静岡市駿河区)。

同じく駿河区に本社を構える大手模型メーカーで、ミニ四駆を製造するタミヤによる全面監修のもと、重厚感あふれる鉄のネオトライダガーZMCを生み出した。

重厚感がえぐい(栗田産業のプレスリリースより、以下同)
重厚感がえぐい(栗田産業のプレスリリースより、以下同)

栗田産業のプレスリリースによると、砂で作った鋳型を使って作る砂型鋳物は決して精密な表現に向いた工法ではない。

しかし今回はタミヤのミニ四駆キット「ネオトライダガーZMC」の形状を極力細部まで再現することを目指した。

微妙な調整を重ねながらタミヤ監修のもとで原型を作り、職人の繊細な技術によって砂型を作り上げたとのこと。

繊細な技術で砂型を制作
繊細な技術で砂型を制作

その型に様々な元素を調合した合金(鋳鉄)を溶かし注ぎ、一つひとつ手仕事で作り込まれたネオトライダガーZMC香炉は重量660グラム。

タミヤ公式Xアカウントの投稿によると、ノーマルミニ四駆の約9倍もの重さらしい。30年の歴史をずっしりと感じられそうだ。

30年の重み?
30年の重み?

予想外すぎる「ネオトライダガーZMC」の香炉化に、ネット上では驚くユーザーが続出している。

「これは...............」
「ジワる」
「めっちゃ欲しいけど使ってたらドン引かれそう」
「これに合う蚊取り線香を出してくれって思った。これからの季節ちょうどいいし」

欲しいという人もいるようだが......なぜ「ネオトライダガーZMC」は香炉になったのか。

17日、Jタウンネット記者が栗田産業を取材したところ、原作ファンなら納得の理由が明らかになった。

鋳物作りとイメージが重なり...
続きを読む
PAGETOP