ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
わたしの「ヒーロー」
プレゼント

【6/26まで】「奈良大和路のみほとけー令和古寺巡礼ー」招待券を10組20名様にプレゼント!

「出張中、自宅の近くで火災発生。逃げ延びた家族によると、近所の高校生たちが...」

Jタウンネット読者

Jタウンネット読者

2024.02.19 13:07
0

間一髪の救出劇も

火元の家と長屋伝いだった家には足の不自由なおばあちゃんも居ましたが、生徒さんが彼女をおぶって外へ出て間一髪救出する一幕もあったとか。

結果的に1人の犠牲者も無かったことは、消防が駆けつける前に工業高校のみなさんが危険を顧みず懸命に避難誘導してもらったおかげに他なりません。

工業高校の生徒たちが必死に避難誘導してくれた(画像はイメージ)
工業高校の生徒たちが必死に避難誘導してくれた(画像はイメージ)

私は後日、おばあちゃんを救出してもらった隣のお宅(全焼)の主と一緒に、工業高校を訪問。校長先生に一連の救助活動へのお礼を伝えました。また、消防署へ人名救助の表彰の申請をする旨も伝えたのですが、これについては固辞されました。

改めて、あの時はありがとうございましたとお伝えしたいです。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP