ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

まるで忍者? 船から橋へ、橋から船へと飛び移る「柳川の船頭」が凄すぎて...国内外で大バズり

松葉 純一

松葉 純一

2023.01.13 08:00
0

川下り中の船の上から、橋の上にぴょんと跳びあがる。船が橋をくぐり抜けてくると、再び鮮やかに跳び乗る。

そんな「忍者のような船頭」の姿を捉えた映像が今、話題になっている。

しかも日本だけではなく、中国、韓国、台湾、香港などアジア各地のユーザーによって、SNS上で猛烈な勢いで拡散されているというのだ。

話題のパフォーマンスが行われているのは、福岡県南部、筑後地方の南西部に位置する柳川市。

市内を縦横に流れる掘割を巡る船を運航する「城門観光」の船頭たちによるものだという。

ゆったりと堀を巡る観光船の上を、スリリングな動きで跳び回る様は、まるで忍者のよう。なんともキビキビとしていて、カッコいい。

しかし、なぜこんな事を? Jタウンネット記者は、「城門観光」を取材した。

「お客さんを楽しませたいから」

YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より
YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より

Jタウンネット記者の取材に応じたのは、城門観光の元山和志社長だった。

今から40年ほど前、社長が16歳の頃、父親が柳川での川下りの仕事を始めた。当初は2隻しかなかった船も、一時は45隻ほどまで増えた。コロナ禍の影響などもあり、現在は30隻ほどだという。

忍者のようなパフォーマンス「橋越え」を始めたのは、20年ほど前。創業当初から父と共に船頭をしていたという元山社長は、「もちろん私自身も跳んでいました」と話す。

YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より
YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より
「お客さんを楽しませたい、喜ばせたい、笑って帰っていただきたい、という気持ちで続けています」(城門観光・元山和志社長)

ただ、56歳になった現在、元山社長自身は「跳んでいません」と苦笑する。

城門観光には現在10数名の船頭がいるが、橋越えする船頭はそのうち数人のみだという。

YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より
YouTube「柳川市 城門観光 忍者のような船頭たち」より

「忍者のような船頭さんにぜひ会いたい!」という人は「橋越えする船頭さんを」と指定して掘割巡りを予約されたし。

2023年2月11日からは、市内の様々な場所に色鮮やかな「さげもん」(柳川市で、ひな壇と一緒に飾られる吊るし飾り)が飾られたり、「おひな様水上パレード」などのイベントが行われたりする「柳川雛祭り さげもんめぐり」も開催予定。

この春、柳川で川下りを楽しむのはいかがだろう。

「時間に余裕を持って、ゆっくり楽しむつもりで来てください」

と、元山社長は語った。

PAGETOP