ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

宮島写生大会告知ポスターに「大鳥居の工事現場」がドーン! 難度高すぎない?主催者に狙いを聞いた

松葉 純一

松葉 純一

2022.09.04 08:09

2022年8月31日、とあるツイッターユーザーから、次のような写真画像が投稿され、いま大きな注目を集めている。

(画像は投稿者提供)
(画像は投稿者提供)

広島県きっての観光地である宮島で開催される写生大会の告知ポスターのようだ。投稿画像には、次のようなコメントが添えられていた。

「今までは朱い鳥居を描けば良かったのに、足場が組まれたことで難易度が爆上がりした伝統的写生イベントがこちら」

ポスターに使われている写真は、水上に浮かぶような「工事現場」。ガッチリ組まれた足場の奥から、有名な赤い大鳥居がうっすらと透けて見えている。

厳島神社の大鳥居は、2019年6月から約70年ぶりの大規模な保存修理工事の途中で、今は全体を覆うように足場が組まれ、ネットまで掛けられているのだ。

この状態を写生するのは、なかなか高難度かもしれない。それでも大会を実施するという事態に、ツイッター上は騒然。

「難易度高すぎる」
「これはこれでカッコイイ (描きたくは無いw)」
「こんなの3時間じゃ描けないよォ(試験会場で号泣)」
「鳥人間コンテストの足場かと思いました」
「完了直前なら完了してから開催すればいいのに笑」
「心の目で見るやつ?」

など、さまざまなツッコミが飛び交っている。「笑かしてもらいました」といったリプライも目立った。

ポスターでは「大鳥居修理工事完了直前特別企画」と強調されているようだが、なぜ工事中のこの時期に開催するのか? Jタウンネット記者は9月1日、主催者である宮島観光協会に電話での取材を試みた。

あえて工事中の大鳥居の貴重な姿を!
続きを読む
PAGETOP