ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「学生時代、そうと知らずに入ってしまった高級割烹。他の客は断られているのに、私たちだけ奥に通され...」(男性・年齢不明)

大山 雄也

大山 雄也

2022.04.29 11:00

シリーズ読者投稿~忘れられない「あのデート」~ 投稿者:Mさん(男性)

Mさんは20歳のとき、彼女と福井県に旅行に行った。

旅行での目的の一つは、事前のリサーチで見つけた「うに丼」。しかし、目当ての店で入ったところで彼らは気付く。

――ここ、高級な割烹料理店だ。

予約のない客はどうやら断られている様子で......。

うに丼を目当てで訪れたら......(画像はイメージです)
うに丼を目当てで訪れたら......(画像はイメージです)

<Mさんの体験談>

まだ20歳の時、彼女と福井へ旅行に行きました。

ネットか雑誌で凄く美味しそうなうに丼を見つけていて、彼女と2人で「これ食べたいね」と話しながら、お目当ての店を訪問しました。

店内に入るとそこは一流割烹料理店。外観で気付けばいいもののそこは若さ、分からなかったのです。

きっと一見さんお断りのお店やったと思います。

「予約はしていない」と伝えると、女将の顔が曇り...

店に入ると女将さんが声をかけてきました。

「予約はしてますか?」

私が「予約はしていない」と伝えると、女将さんの顔が一瞬曇りました。

女将さんは一瞬顔を曇らせて......(画像はイメージです)
女将さんは一瞬顔を曇らせて......(画像はイメージです)

次に、「どうして来たのか」と聞かれたので、正直に「ウニ丼が素敵でそれを食べに来た」と答えました。

「断られるかな」

そう思ったのですが、女将さんはニコッとして、席に案内してくれたのです。

予約のなさそうな人はお断りされているのに...

メニューは学生には高級な品揃えでしたので、素直にうに丼を2つだけ注文しました。

予約のない人は返されていた(画像はイメージです)
予約のない人は返されていた(画像はイメージです)

その後、19時台で席は空いていたのですが、予約のなさそうな人はお断り。なぜ自分たちが通されたのかわかりませんでした。

うに丼だけを頼んで美味しそうに食べる彼女を見ながら、女将さんはニコニコと話しかけてきて、

「また立派になったらきてね」

と言われ、私たちは帰りました。

赤っ恥をかくことなく席に通してくれて、単品だけで食事させてくれた女将さんには感謝しています。

あの時はありがとうございました。

その時の彼女とは別れてしまいましたが、今度は家族で伺いたいと思っています。

ずっと心に残り続ける「忘れられないデート」「忘れられない旅先での経験」はありますか?

初恋の相手との忘れられないあの日、憧れ続けた人との念願のお出かけ――自身の青春の1ページに刻まれた特別なデートがないだろうか

一方で、誰と行ったかに関わらず、過去の旅行での素敵な思い出がある人もいるだろう

そこでJタウンネットでは、読者の皆様の「忘れられないデート」や「忘れられない旅先での思い出」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、デートや旅行を体験した時期・場所、具体的な内容(どんなデート・旅行でどんなことがあったなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP