ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

海底で白目をむいた「ドラえもん」が発見される 一体なにごと?管理者に理由を聞いた

福田 週人

福田 週人

2022.04.24 17:00
「日本社会に消されたドラ〇もん」

そんなコメントと共に投稿された海中の写真が、ツイッター上で話題になっている。これだけでは何のことやらわからないが......ひとまず、こちらの写真をご覧いただこう。

ド、ドラ〇もん...?(画像はモナコ@monakoMNKさんのツイートより)
ド、ドラ〇もん...?(画像はモナコ@monakoMNKさんのツイートより)

こちらは、神奈川県在住のツイッターユーザー・モナコ(@monakoMNK)さんが2022年4月13日に投稿した写真。

砂地の海底に埋もれるようにして、苔まみれになった「何か」が置かれている。赤い鼻に青と白のツートンカラーの丸っこいボディ。そう、「ドラえもん」だ。

しかし、色落ちしてしまったのか黒目の部分が見えず、真っ白。海底で苔まみれになりながら白目をむいている「ドラえもん」......なんだか全ての人類に存在を忘れ去られてしまったかのような哀愁を感じる。

どこかホラーチックな「ドラえもん」に、ツイッター上で寄せられたのはこんな声だ。

「恐怖映像で草」
「近くにのび太がいるかもしれない、探しましょう」
「他の色は残ってるのに黒目だけ消えてるのがヤバいですね...」

ドラえもんはなぜ、こんな場所に? Jタウンネット記者はモナコさんに話を聞いた。

「イメージと違い過ぎて笑ってしまった」

モナコさんが「ドラえもん」を撮影したのは10日、神奈川県小田原市のダイビングスポット「江之浦ダイビングサービスアクアランド」でのこと。

「大きさは感覚で自分の足から膝下くらいです。苔まみれでした。正直イメージと違いすぎ、かつ不気味で笑ってしまいました!笑」(モナコさん)

ダイビングが趣味だというモナコさんは、海の中でドラえもんを見られるスポットがあると聞き、実際に見に行ったのだという。

そこで記者は江之浦ダイビングサービスアクアランドにも取材。インストラクターの野瀬直哉さんが、ドラえもんがいる理由を教えてくれた。

なぜなの......?(画像はモナコ@monakoMNKさんのツイートより)
なぜなの......?(画像はモナコ@monakoMNKさんのツイートより)

野瀬さんによるとこのドラえもんの像は30年ほど前から、おおよそ水深12メートルほどの場所に置かれている。

「正確な時期はわかりませんが、設置したのは施設の創業者である私の祖父か、現社長である私の父だと思います。施設にきたダイバーたちの海中での目印として置いたものです」(野瀬さん)

海底に置かれたドラえもんはこの1体だけ。ちなみに、モナコさんの投稿した写真では苔まみれになってしまっているが、毎年11月には一度海底から引き揚げて、汚れを取ったり落ちてしまった色を塗り直したりしているとのことだ。

PAGETOP