ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

白い鳩が「静岡」から「争」を取り除く...新聞題字を使ったメッセージ広告に注目 込めた思いを聞いた

大山 雄也

大山 雄也

2022.03.24 20:00

2022年3月21日付の静岡新聞の朝刊に掲載されたメッセージ広告が注目を集めている。

まずはその広告を見ていただこう。

静岡新聞のメッセージ広告(画像はツイッターアカウント・静岡新聞社【TEAM NEXT】@shizushin_newsより)
静岡新聞のメッセージ広告(画像はツイッターアカウント・静岡新聞社【TEAM NEXT】@shizushin_newsより)

青い背景の紙面の中心に静岡新聞の題字が書かれている。しかし、よく見ると「静」の字にある「争」の部分を白い鳩が持って行ってしまっている。

そして、紙面の左下には「普通とは、奇跡だということ。」と題したこんなメッセージが書かれている。

「普通にあたたかい気候。
普通にすごしやすい環境。
普通にやさしい人柄。
普通にお茶とみかんがある食卓。
それらは奇跡だったということ。
でも、忘れてはいけない。
争いはそんな普通のなかに隠れているということを。
一人ひとりの思いと行動が、
明日の平和につながっているということを。」

静岡新聞のメッセージ広告は紙面だけでなく、静岡新聞のニュースメディア「あなたの静岡新聞」などを通じてネット上でも発信された。そして、ツイッター上ではこんな反応が集まっている。

「新聞見て、おー!ってなった」
「平和の象徴である鳩が争いを持ち去る。素晴らしいセンス。静岡新聞最高!」
「これは素敵...『争』をなくして」
メッセージ広告に込められた思いとは?
続きを読む
PAGETOP