ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「カギは外したのに、ドアが全然開かない!女子トイレに閉じ込められ、助けも呼べずに泣いていると...」(群馬県・20代女性)

大久保 歩

大久保 歩

2022.01.19 11:00

「いるの?」の声に返事もできず

「大丈夫?いるの?」

知らないおばさんの声でした。2人のおばさんが、私の泣き声に気づいて声を掛けてきてくれたのです。

私は返事もできませんでしたが、おばさんが外からドアを押してくれたらすぐ開きました。内開きのドアなのに、私は中から必死で押していたのです......。

ドアが開いたことで安心した私は、おばさんたちにお礼も言わず、そこから走ってトイレを出てしまいました。お父さんに話したら、私が来るのがあまりに遅かったので女性トイレの前で待っていたもののさすがに中に入ることはできず、迷っていたようです。

おばさんたちのお陰で出られた...!(画像はイメージ)

あのときのおばさんにお礼を伝えたいです。あのときは必死すぎてお礼が言えずごめんなさい。助けてくれてありがとう。

トイレに入ると、たまに思い出します。今は身長も伸びて何も感じませんが、当時は高い壁に囲まれた狭い空間に閉じ込められて、とても恐怖を感じました。2人が来なかったらずっと泣いていたかもしれません。本当にありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは、読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。 読者投稿フォーム、公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、「いつ、どこで出会った人に、何について感謝を伝えたいのか(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)」を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP