ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「もう死にたい」 育児に疲れ果て、パジャマ姿で山へと向かう若い母親――彼女を救った偶然の出会い

大山 雄也

大山 雄也

2022.01.16 08:00

すれ違う運転手は驚いた顔で...

夫は仕事ばかりで、私はいつも息子と2人きり。そんな毎日を、とてもつらく感じていた時のことです。

私は泣きじゃくる息子を連れて、家の外に出ました。

パジャマのまま、裸足にサンダル。髪はぼさぼさで化粧もしていません。そんな女が幼い子供を連れてふらふらと歩く様は、ただごとではないように見えたのでしょう。すれ違う車の運転手は驚いた顔をしていました。

3歳の息子と2人きりの毎日が辛い......(画像はイメージ)
3歳の息子と2人きりの毎日が辛い......(画像はイメージ)

近くに住宅造成工事で山を切り崩している現場がありました。ここで息子は道に寝そべり駄々をこね出しました。休日だったため、工事の人はいません。

疲れた私は息子をただ泣きながら眺めることしかできず、

「もう死にたい」

と考えていました。

「ママ、大丈夫?」と声をかけられた
続きを読む
PAGETOP