ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

大阪 VS 広島「仁義なきお好み焼き戦争」第二章へ突入? 糖質80%オフ商品、相次いで登場

大山 雄也

大山 雄也

2022.01.14 08:00

2大お好み焼き大国として知られている大阪と広島。

具材を混ぜて焼く「関西風」、麺を入れて重ね焼きする「広島風」のどちらがお好み焼きの「本流」なのか。議論が尽きることはない。

そんな2つのお好み焼き大国で今、糖質がカットされた新しいお好み焼きが発売されているのをご存じだろうか。

糖質オフメニュー(画像は徳川の公式サイトのスクリーンショット)
糖質オフメニュー(画像は徳川の公式サイトのスクリーンショット)

まずは広島から紹介しよう。広島市に本社があるお好み焼き・鉄板焼きの「徳川」では、2021年11月8日から糖質オフのお好み焼きを販売している。

小麦粉やソースなど糖質が気になるお好み焼きではあるが、徳川ではなんと通常の80%も糖質をカットしたお好み焼きを作ってしまった。

21年11月25日放送の「5up!」(広島ホームテレビ)に出演した徳川総本店の小畠宏樹店長によると、大豆を主原料とした特製の生地をはじめ、麺には糖質ゼロのこんにゃく麺を使用。炒める際に使うラードはオリーブオイルで代用したという。

さらに糖質70%オフの特製お好みソースまで用意しているそうだ。

大阪も負けじと80%オフ!
続きを読む
PAGETOP