ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「自宅の鍵を探し求め、酔って街をふらつく私。知らない若者に声をかけられ、オヤジ狩りかと思ったら...」(東京都50代男性)

2022.01.11 11:00

2022年の幕が開けた。

新型コロナウイルスの感染拡大前ならば、無数の新年会が開催されていただろう。

新年会シーズンの到来?(画像はイメージ)
新年会シーズンの到来?(画像はイメージ)

新年会といえばお酒がつきもの。それだけに飲み過ぎてやらかしてしまうこともあるかもしれない。

東京都在住のJタウンネット読者・Aさん(50代男性、仮名)も、その1人。コロナ禍前に新年会で飲みすぎてひどく酔ってしまったという。

しかも、自宅に戻ったところで鍵を店に忘れているという失態にも気がついてしまった。

Aさんはフラフラになりながら自宅から店に戻ったのだが......。

「あまり身なりのよくない若い男性に声をかけられ...」

私は数年前、仕事の付き合いで毎日新年会に参加していました。

取引先も、新年会のときばかりは無礼講と無茶な量のお酒を勧めてきます。

そんな日々が連日続く中、酩酊状態で帰宅した日がありました。

自宅から通りまでフラフラ...(画像はイメージです)
自宅から通りまでフラフラ...(画像はイメージです)

この日、私は自宅の鍵をお店に忘れてきてしまったようで、仕方なく忘年会のお店に戻ろうとしました。

自宅から通りまでフラフラで歩いていたのですが、そこであまり身なりのよくない若い男性に、

「おじさん、大丈夫?」

と声をかけられました。

「ペットボトルの水を...」

身なりは良くなかったけど...(画像はイメージです)
身なりは良くなかったけど...(画像はイメージです)

私は内心、「変なのに絡まれたなぁ」と思いましたが、こんなに酔っていては、走って逃げることも出来ません。

「大丈夫なので、ほっておいて」と私は返事をしたのですが、その若者は、

「そこで少し待ってて!」

といって、目の前のコンビニに走って行きました。そして、すぐに戻ってくると、

「おじさん、これ飲んだほうがいいよ!」

と、ペットボトルの水を手渡してくれたのです。

「大丈夫?」と声をかけて背中を...

その水をありがたく頂戴したのですが、一息ついたら酔いが回っていたのもあり、道端に吐いてしまいました。

そんな私にも若者は「大丈夫?」と、声をかけて私の背中を優しくさすってくれました。

水の代金を払おうとすると、

「俺のおごりだから」

といってお金を受け取りません。おまけに通りでタクシーを捕まえてくれて、タクシーに乗せてくれました。

実は最初、若者を見た時に、「オヤジ狩りに会ってしまったのか?」と思っていたのです。しかし、行為は親切そのものでした。人は見かけによらないものだと思い、大変感謝したのを覚えています。

今はコロナ禍で新年会も大人しくなりましたが、毎年この時期になると、心優しいあの若者のことを思い出します。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは、読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。 読者投稿フォーム、公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、「いつ、どこで出会った人に、何について感謝を伝えたいのか(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)」を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP