ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

スカイツリーの輝きは、群馬からも見えるんです 「関東平野の平らさ」を痛感する写真に反響

松葉 純一

松葉 純一

2021.10.27 20:00

放送中の連続ドラマ「日本沈没―希望のひと―」(TBS系)をご覧になっている読者も多いだろう。

実は筆者は最初、「そんな荒唐無稽な?」と思っていたが、小栗旬や香川照之といった個性的な俳優たちの熱演もあって、徐々にストーリーに引き込まれつつある。

その中で「関東沈没」なんて単語も出てくるのだが、ところで関東って、どんな地形だった......? 

2021年10月23日、次のような写真が投稿され、いま話題となっている。

提灯鮟鱇(@tyoutin_ankou_)さんのツイートより

添えられた呟きによると、この写真は群馬県のほぼ中央に位置する赤城山から撮影したもの。

ところどころ暗い部分もありながら、地平線まで光が続いている。最も明るいのは、一番奥側だ。

「関東平野って、ガチ真っ平ら。ずっと光が絨毯のように続いてるチート地形だ!!!」

とコメントする投稿者。

そう、これは山から東京方面を見下ろした風景。関東地方の中央には、日本最大の平野「関東平野」が広がっている。

間に視界を遮る山がないので、東京の夜景を見通すことができるのだ。

ひときわ明るい部分の左側にたつ、他より高い光は「東京スカイツリー」。

そして、右側の赤い光が集合する中でオレンジ色に光っているのは「東京タワー」らしい。

提灯鮟鱇(@tyoutin_ankou_)さんが投稿したツイートには、1万4000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中(10月26日現在)。ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「東京タワーも見えてますね」
「すごくキレイですね」
「100万ドルの夜景」
「写真の右上が赤い灯りばかりなのは高層ビルやマンションがいっぱいなんだな」
「地図で見たらめっちゃ遠くてビビった」

これほど素晴らしい光景を撮影したのは、赤城山のどの辺りだろう?

Jタウンネット記者は、投稿者「提灯鮟鱇」さんに取材した。

東京まで光の絨毯が続いている
続きを読む
PAGETOP