ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

コロナ禍で「瞑想」に脚光 心を整える「謎の空間」と「お寺キャンプ」

ご当地テレビ視聴隊

ご当地テレビ視聴隊

2021.09.27 21:00

[かんさい情報ネットten.―読売テレビ]2021年9月17日放送の「カラクリ」のコーナーでは、瞑想について取り上げていました。

近年、「瞑想で心を整える」=「マインドフルネス瞑想」を取り入れる企業が増えているそうです。07年に米・グーグル本社がマインドフルネスを応用したリーダーシッププログラムを開発したところから始まったと言われています。

日本の企業でも、「パナソニック」では5年前にマインドフルネス瞑想の社内サークルを立ち上げ、毎日昼休みに10分ほど行い心を整えてから午後の業務に入るそうです。「心を整えて生産性も向上。社内の空気も良くなる」とのこと。

そしてコロナ禍の今、瞑想によるメンタルケアや健康維持に期待が高まっていてるのだとか。

そこでまず番組が訪れたのが「ホテルアンテルーム京都」(京都市南区)。

案内された部屋の中にはなぜか青白く光る謎の空間が設けられていました。

(MU)ROOMでの瞑想イメージ、パナソニックのプレスリリースより
(MU)ROOMでの瞑想イメージ、パナソニックのプレスリリースより

実はこちらは「パナソニック」が手がけた瞑想が体験できる客室「(MU)ROOM」(1室1泊8000円~ 税込み)というものです。※2022年1月末まで予定

1回30分で、2つの瞑想モードから選べる音声ガイダンスにより、ミスト・光・音・香りなど、五感の変化で初心者でも簡単に瞑想状態に入れるとのこと。

瞑想後は心拍数などを元に瞑想状態をスコア化してくれます。

お寺×キャンプで心整う
続きを読む
PAGETOP