ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

腕いっぱいに卵を宿す覆面レスラー「シシャモパワー」に大注目 マネージャーに話を聞くと...「2号」の登場を示唆

井上 慧果

井上 慧果

2021.09.01 06:00

スーパーで販売されていたシシャモのパッケージに、謎の覆面ヒーローが描かれていた――。

そんな投稿がツイッターで注目を集めた。

その名もシシャモパワー。シシャモをはじめ、ウナギやイワシ、サンマなどの水産加工業を行う山田水産(大分県)が販売する「山田のシシャモ」の公式キャラクターだ。

クセが強い(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
クセが強い(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

青い覆面をしたレスラーのようなマッチョなキャラクターが描かれている。

その左腕からは黄色いつぶつぶが......。シシャモということで、これは卵だろうか?というか、皮一枚でしか繋がってなさそうだけど、大丈夫?

なんとも強烈なビジュアル。こんなキャラクターをスーパーで見かけたら、思わず近寄ってしまいそうだ。

「並のセンスではない」

そんなシシャモパワーについて、ツイッターでは

「腕からなんか漏れてきてるぅぅぅう!!!」
「狂気を感じる」
「並のセンスではない」
「このシールが貼ってあるししゃも買いたい」

といった声が寄せられている。その見た目に驚く人や、惹かれる人。多くのユーザーの関心の的になっているようだ。

シシャモを掲げるシシャモパワー(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
シシャモを掲げるシシャモパワー(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

山田水産の公式ウェブサイトに掲載されているプロフィールによると、シシャモパワーは

「遠く北国の港町生まれ。小さな頃からししゃもを食べて育つ」
「山田のシシャモのプチプチ食感に感動し、活動拠点を日本に移す」

とある。「強くてムキムキ。心やさしき覆面ヒーロー」だが、そのシュールなルックスから悪役レスラーに間違われてしまうこともあるらしい。

その正体は、「不明」。しかし「パワー」の発音が平坦なことから日本人、という噂もあるという。

プロフィールを見ても、謎は深まるばかり。いったいどんな経緯でこのユニークなキャラクターが誕生したのだろうか。

Jタウンネット記者は2021年8月27日、同社のシシャモ加工を担当する垂水事業所(鹿児島県垂水市)を取材し、シシャモパワーのマネージャーだという水産加工部長の原尻正和さんに話を聞いた。

『山田のシシャモ』を広めるために誕生

得意技は「エッグスボンバー」(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
得意技は「エッグスボンバー」(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

原尻さんによれば、シシャモパワーは21年1月、公式インスタグラムで初めてお披露目された。その誕生経緯を、こう語る。

「最近では海外加工のシシャモも多いですが、山田のシシャモは国内加工にこだわっています。そんな美味しいシシャモを皆さんにお届けしたい、との思いがありました。しかし、メーカーを見てシシャモを選ぶという方はあまりいません。
そこで『山田のシシャモ』を手に取っていただくにはどうしたらいいのか考えた結果、そのブランディングの一環としてシシャモパワーが誕生しました」

「山田のシシャモ」の特徴は、とにかく卵たっぷりな子持ちシシャモであること。

卵たっぷり(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
卵たっぷり(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

それをアピールするために、シシャモパワーは腕から卵がこぼれ落ちているという斬新なデザインになっている。

また、インパクト絶大なビジュアルになったのには、こんな理由も。

「シシャモはどちらかといえば、高めの年齢層の方に人気があります。
しかし子育て世代や若い世代の方にもぜひ食べていただきたいと思っています。そのためには本来であれば実際に食べていただいてその美味しさを知っていただくというのが一番なのですが、現在はコロナ禍ということでなかなかスーパーでの試食などが行えません。
そこでSNSを活用し、『山田のシシャモ』の魅力を広めたい、との思いもありました」(原尻さん)

実写版・シシャモパワーも活動中

シシャモパワーは主にインスタグラムを中心に広報活動をしているという。開設から半年で約4000人のフォロワーを獲得したというアカウントを覗いてみると、光沢のある青い覆面を被った人物が登場していた。

誰なの...?(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
誰なの...?(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

......実はイラストだけではなく「実写版シシャモパワー」も存在しているのだ!

原尻さんいわく

「インスタグラムではアイスランドでのシシャモ買いつけ日記やシシャモのレシピを公開したりしています。実写版は子ども向けのテレビ番組『おはスタ』(テレビ東京系列)にも出演しました」

とのこと。着々と子育て世代に向けてもアピールを進めているようだ。

買いつけにも行く(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)
買いつけにも行く(画像は山田のシシャモ公式インスタグラムより)

今回、シシャモパワーがツイッター上で話題となったことに対し、原尻さんは

「1月から地道に活動を続けてきて、やっときたか、という感じですね。こうしてシシャモパワーの知名度が上がることで、美味しい山田のシシャモが皆さんのお口に入っていけるかなという期待があります」

とコメントした。ちなみに、シシャモパワーの今後の展開について聞いていたところ、原尻さんは「シシャモパワー2号」が登場する可能性を明かした。

「ここ(垂水事業所)の2階にタイガーマスクに登場する虎の穴ならぬ、ししゃもの穴という養成所があります。2号は今そこで日々鍛えているところです。いずれ社長からOKが出て覆面が渡されたらデビューするかと思います」
本格的だ(画像は山田水産提供)
本格的だ(画像は山田水産提供)

虎の穴ならぬししゃもの穴......。悪役レスラーが養成されていそうな気がしなくもないが、今度はどんなユニークなキャラクターが登場するのか楽しみだ。

公式インスタグラムをチェックしながら、お披露目を待ちたい。

PAGETOP