ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

先生「それはたいへんだーーー!」 大学の授業で繰り返される「茶番」の指示書に称賛「いい工夫」「天才では?」

大久保 歩

大久保 歩

2021.08.16 18:00

大学の講義中、先生からこっそり「ある紙」が渡された......そんな投稿が、ツイッターで話題だ。

「授業中にこっそり何人かの生徒にこれが渡されて、先生のタイミングで茶番が始まるドイツ語の授業が大学生活で一番楽しかった」

ツイッターユーザーのあぐれいさん(@agray5193)がこんな呟きとともに、2021年8月8日に投稿したうちの1枚がこちらの写真。

なんだか怪しい...(写真はあぐれいさん提供)

「未完成交響楽作戦」と銘打たれた紙は、どうやら台本のようだ。セリフの応酬がこと細かく記されている。

(割と早めの作戦開始になると思います)、「...ところで、先週授業がなかったんですけれどわたし何か忘れてることってなかったですよねえ...?」の瞬間、
(吠えて)学生A:なに忘れてるんですかっ!先週の19日はシューベルトの命日でしたっ!
教員:そりゃ大変だーーーどーしよぉーーーー!
(毅然と)学生B:しっかりせんかいっ、それでもシューベルト研究家ですかっ、コレで命日をしのびましょう!(DVDを手渡す)

まさかこれは......講義中の会話の内容をあらかじめ指示した台本!?

記者の経験上、大学の講義で教員が雑談を挟むことはよくあったが、まさか事前に準備して学生に指示しておく教員がいるとは......。

Jタウンネット記者は11日、投稿者のあぐれいさんに詳しい話を聞いた。

「眠くならないようにするいい工夫」

あぐれいさんが、このドイツ語の講義を受けていたのは18年度のこと。当時、大阪市立大学の1年生だった。

担当教員は推定40代の男性で、はきはき話す明朗快活な人だったという。

投稿の写真に写っているプリントには、「未完成交響楽作戦」の他、「モーツァルト『トルコ行進曲』作戦」、「メンデルスゾーン作戦」とある。

「すかさず」「ドカンと」など指示が細かい(写真はあぐれいさん提供。編集部でトリミング)

「『トルコ行進曲』作戦」のプリントを見ると、

「今日の勉強でトルコを習ったんで、『トルコ行進曲』、たまたま持ってないんですかっ???」

という学生Cのセリフが。これ、絶対先生がCDを準備してるやつ......。

そう、つまり、担当教員が講義中に流したい楽曲を流せるよう、学生たちに手伝ってもらっていた、というわけだ。

「作戦」を担う学生は、どのように決めていたのだろうか。きっかけとなる一言を聞き漏らされては、せっかく用意したセリフも無駄になってしまうが......。

あぐれいさんに聞くと、

「最初はある程度ランダムでしたが、僕があまりにノリノリでするからか、最後の方はほぼ毎回あてられていました。学生の様子を見ながらある程度紙を配る人は選んでいたと思います」

と、回答。複数のプリントをあぐれいさんが所有していたのも納得だ。

学生A「エエエエエーーーーーッ知らないんですか???」(写真はあぐれいさん提供)

講義に積極的な人とそうでない人がいるのは、よくある光景である。教員もそのあたりをよく観察していたのかもしれない。

作戦どおりの会話がくり広げられたとき、教室はどんな雰囲気だったのだろう。

「寸劇が始まった時は、紙を配られていない学生は『またはじまった(笑)』といった感じで笑ってみていました」(あぐれいさん)

「こっそり渡された」ということだったが、台本の存在は完全にバレていたようだ......!

和やかな講義の様子が窺える今回のツイートに、リプライ欄では

「めっちゃ楽しそう」
「全部に作戦ってついてるのすき」
「眠くならないようにするいい工夫だよなぁ」
「生徒の集中力も上がるし天才では、、?」

など、称賛が集まっている。

さらに、

「もしかしたら私の大学のドイツ語の教授と同じ人かもしれないです」
「私もこの先生の授業受けました~!テストの点数バグってますよね??」
「その寸劇は、我らが共通の、某先生ではないか? (Ya, ich bin da!)」

と、同じ教員の講義を受けたと思われる人のコメントまで。多くの受講生の記憶に残り続けているようだ。

こんな講義なら受けてみたかったなあ。

PAGETOP