ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

野生動物からトウモロコシを守るため、蚊取り線香を「魔改造」 着火すると次々と...

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.08.09 17:00

トウモロコシ畑を守るため、蚊取り線香を「魔改造」した――。

そのインパクト溢れる姿が、ツイッターで注目を集めている。

なんだこれは!(画像はどぶろく(@doburokusan)さんから、編集部が一部トリミング)
なんだこれは!(画像はどぶろく(@doburokusan)さんから、編集部が一部トリミング)

蚊取り線香に、赤い筒が何個もぶら下がっている。

これはツイッターユーザーのどぶろくさんが2021年8月2日に投稿した1枚の写真だ。

なんでも、畑のとうもろこしが野生動物に狙われているため、「時限式爆竹」を制作したのだという。

先端から中央まで......。赤い筒の正体は、爆竹。蚊取り線香がゆっくりと燃焼していくにつれ、ぶらさがった爆竹が次々にバチバチするわけだ。

その斬新な発想に、ツイッターには、

「これは天才」
「何と恐ろしい兵器(汗)」
「絵面の破壊力がスゴイw」

といった反応が寄せられている。

はたして、その効果とは――。

Jタウンネット記者は4日、投稿者のどぶろくさんに詳しい話を聞いてみた。

作って2日、新たな被害は...
続きを読む
PAGETOP