ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

農協のロゴが「腹筋してる人のピクトグラム」にしか見えなくなってしまった件 JA全中「大変ありがたく思います」

福田 週人

福田 週人

2021.07.29 17:02

「ゆるぎない台地」「日本の国土」をイメージ

取材に応じた同法人のJAマーク担当者は、JAのロゴマークについて、こう説明した。

「こちらのロゴマークは、1992年から使われているものです。
JAでは3年に一度、今後のJAグループの方針などを決める全国大会というものを開いており、1991年の第19回大会で、農業協同組合の愛称を『農協』から『JA』に変えようとなりました。
それに伴って、ロゴマークもそれまで使用していた稲穂のデザインのものから現行のものに変わり、今に至っています」
JAマークのデザインの変遷
JAマークのデザインの変遷

担当者によると、マークにはパーツごとにそれぞれ意味がある。

「全体の三角構造のシルエットは、『ゆるぎない台地』『日本の国土』をイメージしています。
右側の大きな三角形は『自然』を、その中の『A』の字にあたる小さな三角形は『人間』をそれぞれ表しています。
そして左の球体は、『農業の豊かさ』『作物の実り』『協同の精神に基づく人の和』といった意味が込められています」

なお、使われている緑色は「JAグリーン」と呼ばれるもので、この色は「自然環境」「深みのある優しさを感じさせるような緑色」と意味づけられている。

今回、ツイッター上で「JAのロゴがピクトグラムのように見える」と話題になっていることについて、

「今回、多くの方がJAマークを話題にしていただいているということで、大変ありがたく思います。これを機に、ぜひJAグループに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
また、JAグループでは、国民が必要とし消費する食料はできるだけその国で生産する、という『国消国産』の理念を提唱しています。東京五輪を自宅で観戦する際には、国産の農畜産物を使った『おうちご飯』を食べて、ぜひ日本の農業も応援してほしいと思います」

とコメントしている。

PAGETOP