ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「この道にわとり優先」 庭で鶏を飼う旅館に泊まったら、一品目が「鳥刺し」で...「なまのいのちの味がしました」

松葉 純一

松葉 純一

2021.06.03 18:00

2021年5月30日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

写真は、「この道にわとり優先」と書かれた看板だ。テキストには「すごい考えさせられる宿に泊まった」とある。

このツイートは、とある旅館に泊まった時の印象的な出来事を投稿したものらしい。「敷地内は放し飼いのニワトリ優先、そこかしこをVIP鶏がのそのそ歩く」とコメントが添えられている。ツイートの続きには、「その立派な巨体を眺めて満足してたら、晩ご飯の一品目に鳥刺しが登場」とある。投稿者は「沈思黙考」してご飯を食べた、ということだ。

投稿者は、成田 悠輔(@narita_yusuke)さん。アメリカではイェール大学助教授、日本では「半熟仮想」という企業の代表を務め、ジャンルを超えて各界で活躍する人物だ。このツイートには1万3000件を超える「いいね」が付けられ、いまも拡散中だ(6月2日昼現在)。

ツイッターには、「命を頂き、生かされている命......思い出させてくれる素敵なお宿ですね...!」などといった声が寄せられている。いったいどんな宿なのだろう?

Jタウンネット記者は、成田悠輔さんと、旅館「忘れの里 雅叙苑」(鹿児島県霧島市)に、話を聞いた。

「ニワトリのおかげで、食事全体の味が鮮明でした」
続きを読む
PAGETOP