ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「眼目」←この地名、どう読むか分かる?

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.05.14 08:00

日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は富山県の難読地名。

「眼目」

この地名、どう読むか分かりますか?

ヒント:3文字です
ヒント:3文字です

答え

「さっか」

富山県東部の上市町にある地名。かつては「察花」とも記されたという。日本歴史地名大系には「前田利常が巡視した際、眼目山立山寺の由緒を聞き察花の字を眼目にしてサッカと読むようにしたという」とある。「眼目山立山寺(がんもくざんりゅうせんじ)」の通称は「眼目(さっか)の寺」。ここからは、富山平野から能登半島までを望むことができる。

Jタウンネットでは、全国各地の難読地名を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、あなたのプロフィール(都道府県、性別、年齢=20代、30代など大まかで結構です)を明記してお送りください。

town20200805191157.jpg

きょうの難読地名

一筋縄では読めない全国の難読地名を、Jタウンネットがクイズにしてご紹介。過去の問題はこちらのページから。
PAGETOP