ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
クイズ
のりものトラブル
グルメ
地域差・ランキング

これぞ究極の「幻の魚」 今の時期しか見られない、真っ赤に染まった「イトウ」の姿に反響

松葉 純一

松葉 純一

2021.05.03 11:00

イトウという魚をご存じだろうか?

日本原産のサケの仲間で、最大級の淡水魚と言われている。絶滅危惧種にも指定されており、北海道のみに生息する幻の魚とも呼ばれている。

2021年4月28日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

写真は、水槽の中を悠然と泳ぐ巨大な魚の様子だ。「うおおおおおおおおこれが!赤いイトウだっ!」というコメントが添えられている。「太陽光で煌めくこの婚姻色イトウを見られる水族館は世界中で当館だけです!マジで泣きそう!」と、付け加えられている。

かなり興奮気味のツイートをした投稿者の山内 創(@suymuc)さんは、北海道北見市にある「北の大地の水族館」館長だ。

このツイートには、1万4000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中である(4月30日昼現在)。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「幻の巨大魚」
「顔もイトウって感じだ!!」
「どうぶつの森でしかイトウを知らなかったのですが迫力がありますね!」
「釣りキチ三平のアニメを見て北海道でイトウを釣りたいなあと思った事がある笑」
「すげぇ...初めて見た... イトウってこんな色になるんだ」
「こんな婚姻色の見事なイトウが見られるのは、世界中でここの水族館だけですね凄い!」

ツイッターユーザーの反応からも、興奮した様子が伝わってくる。

山内 創(@suymuc)さんのツイートより
山内 創(@suymuc)さんのツイートより

Jタウンネット記者は、ツイートの投稿者・「北の大地の水族館」の山内 創館長に電話で話を聞いた。

自然光で見る赤いイトウはとても美しい
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP