ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

まさにココだ...! 千円札に描かれている「あの場所」に行ってみたら、85年前と同じ絶景が広がっていた

福田 週人

福田 週人

2021.04.13 17:00

2004年11月から発行されている、現在の千円札(E号券)。

表側には、著名な細菌学者・野口英世氏の肖像。きっと、日本の紙幣を使う全ての人にとって、なじみ深い顔だ。

では、裏面はどうだろう。どんなデザインか、パッと思い出せるだろうか。

実際に見てみると、富士山と桜、そして湖に映った逆さ富士が描かれている。

この絵は、富士山撮影で有名な写真家・岡田紅陽(1895年~1972年)氏の作品を原画としたもの。富士五湖のひとつである本栖湖畔で撮影した「湖畔の春」(1935年)。

今回、そんな千円札の裏に描かれた景色を、同じ場所から撮影した写真が、ツイッターで話題になっている。それが、こちらだ。

本当にそのまんまの景色だ!(画像は宮嶋克佳@Miyazimanさんのツイートより)
本当にそのまんまの景色だ!(画像は宮嶋克佳@Miyazimanさんのツイートより)

写真には、晴れ渡る空の下でそびえ立つ立派な富士山の姿が。空に浮かぶ白い雲や、対岸まで見渡せる広い湖畔も相まって、実に雄大で美しい景色だ。

そして、そんな景色をバックにかざされている千円札。そこに描かれている富士山の絵は、まさしく目の前に広がる景色とそっくりだ。

こちらの写真に対し、ツイッター上では、

「見事なシンクロです」
「紛う事なく千円札ですね」
「ピッタリ同じ場所ですね。とっても良い景色でさすがお札になってるだけあります!」

といった声が寄せられている。

「一度では楽しみきれない」絶景
続きを読む

↑gogo! fukui